環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
7月10日(火)は、レッキス工業株式会社の方々が見学にいらっしゃいました。
皆さんとても真剣にスタッフの説明をお聞きになっていました。

環境・CSR報告書ゾーンでは、まずCSR(企業の社会的責任)の意味を説明し、報告書を読むポイントについてお話ししました。
環境担当の方々ですので、今後のCSR報告書の制作に役立てていただけたら幸いです。

c0199047_16363929.jpg

エコマークゾーンでは、マークの意味や世界の環境ラベルについて説明しました。
次にエコマークの取得要件について解説し、エコマークとグリーン購入法との関係にも触れました。

c0199047_16375564.jpg

さらにペットボトルでできたエコマグカップや紹介し、これからのリサイクル商品のあり方についてお話ししました。

c0199047_16381268.jpg

また株式会社伊藤園のブースでは、お茶をしぼった後の茶殻を様々な素材と混ぜ合わせて作られている商品群を見ていただきました。
現在150を超える会社と共同開発していているそうですが、この例を通じて、一社だけでなく多くの会社の協力を得て環境負荷の低減を図ることが、社会全体の問題を解決する一助となることもご理解いただけたものと思います。

c0199047_16383082.jpg

3Rコーナーでは、日本は法律(循環型社会形成推進法)で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。また日本の環境法の体系についてもパネルを用いて解説しました。

c0199047_16385216.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、従来、廃棄処理されていた木製パレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。
「廃棄物もアイデア次第で立派な商品に生まれ変わること」
「廃棄物はお金を出して買ったものの一部だから、捨てる事はお金を捨てているのと同じ」
ということをお伝えしました。

c0199047_16390693.jpg

最後に、コニカミノルタ株式会社のブースでPC(ポリカーボネイト)とPETから合成した材料がコピー機に使われていて、このようなリサイクルをアップグレードリサイクル(アップサイクル)ということをお伝えしました。

c0199047_16393259.jpg


熱心にスタッフの説明に耳を傾けていただいたレッキス工業株式会社の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-07-11 16:42 | 見学
7月10日(火)は、中国青海省循環型経済社会研修団の方々が見学にいらっしゃいました。
皆さんとても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。

c0199047_15194341.jpg

3Rコーナーでは、日本は法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。
また日本の環境法の体系、とくに循環型社会形成推進基本法についてご説明しました。

c0199047_15200274.jpg

大栄環境株式会社のブースでは、同社が収集運搬→中間処理→再資源化→最終処分→跡地利用の全てを1社で対応できること、また跡地は公園として市民に開放することにより「廃棄物処理場は汚い」というイメージを払拭していることなどをお伝えしました。

c0199047_15201872.jpg

資源リサイクルセンター株式会社松田商店のブースでは、ペットボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。
マグカップやプランターを通して、リサイクルをする際は長く使ってもらえるような性能・デザインが不可欠になりつつあることをお伝えしました。

c0199047_15203903.jpg

株式会社伊藤園のブースでは、お茶をしぼった後の茶殻を様々な素材と混ぜ合わせて作られている商品群を見ていただきました。

c0199047_15205481.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、従来、廃棄処理されていた木製パレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。
「廃棄物もアイデア次第で立派な商品に生まれ変わること」
「廃棄物はお金を出して買ったものの一部だから、捨てる事はお金を捨てているのと同じ」
ということを強調しました。

c0199047_15215090.jpg

その他、ミズノ株式会社の環境への取り組み、株式会社エフピコの「トレーtoトレー」リサイクルシステムの仕組み、コニカミノルタ株式会社のアップグレードリサイクルで生まれた素材(ポリマーアロイ)を本体に使用したコピー機などをご覧いただきました。

c0199047_15221664.jpg


c0199047_15224681.jpg


c0199047_15230687.jpg

中国青海省循環型経済社会研修団の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-07-11 15:26 | 見学
7月8日(日) 日本の学校との交流で来日されました中国の中学校「E-WXJR180705」の皆さんが見学にいらっしゃいました。

c0199047_18032482.jpg

エコマークゾーンでは、1989年に始まった日本のエコマークについて、ラベルの紹介と、厳しい認定基準をお話ししました。
中国では、1994年に始まり約15万商品が認定されているのですが、中学生の皆さんには身近な教科書に環境ラベルが付いているそうです。
ペットボトルのリサイクル商品である「エコマグカップ」や、トミカの「プラレール」をご紹介しました。

c0199047_18034459.jpg


「3R」のゾーンでは、3Rの優先順位を日本では法律によって定めているということと、ゴミを分別するという意識が定着しているといった日本の様子をお話ししました。
また、中国と繋がりの深い、発泡スチロールの減容化ブロックを見ていただきました。
減容化し中国に輸出されると、プラスチックの原料としてリサイクルされていることに興味を持たれたようです。

c0199047_18041270.jpg

ミズノ株式会社をご案内しました。
廃棄物も再利用するという取り組みの一例ですが、野球のグラブを作った残り革も、果樹園の肥料に使われている意外な利用法に驚かれたようでした。

c0199047_18042378.jpg

一般社団法人JBRCの小型充電式電池の回収についてお話ししました。
限られた資源、貴重な鉱物を原料としていることから「資源の有効利用促進法」で定められ、回収、再資源化が義務付けられていることをご説明しました。

c0199047_18043751.jpg

E-WXJR180705の皆さん、ありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-07-08 18:05 | 見学
7月5日(木)多治見市区町会の皆様が見学に来られました。

c0199047_17220969.jpg


エコマークゾーンでは、エコマークについて世界で2番目に作られた環境ラベルであることや、環境のことを考えて作られ、いくつもの厳しい基準にクリアしたものだけがエコマークをつけることができる等お話しました。
そして、いくつかのエコマーク認定商品を実際に手に取って見ていただきました。

c0199047_17234574.jpg


循環型社会形成推進ゾーンでは、3つのR「リデュース・リユース・リサイクル」について、いくつかの例と大切なのは優先順位があることです、とお話しました。
皆さん頷いて聞いてくださいました。
特殊なリサイクルの例として「発泡スチロールの減容化ブロック」を紹介したところ、想像していたものとは全然違う発泡スチロールからできているので驚かれていました。

c0199047_17244003.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、「ミズノグリーングレード」について商品を紹介しました。
他にもゼロエミッションについてのお話をしました。
皆様がよく知っている企業ということで、とても興味を持たれていました。

c0199047_17250171.jpg

環境防災ゾーンでは、災害が起こる前にできる準備ということで、いくつかご紹介しました。
株式会社アイザックの「ゆれポート」や第一コンテク株式会社の「ENO」をご紹介しました。
誰しもがこの先、災害に遭う確率が高いということで展示物以外のたくさんの情報もご存じでした。

c0199047_17251886.jpg

c0199047_17253396.jpg


他にも伊東電機株式会社と府立大学が共同開発した植物工場や、株式会社パレットハウスジャパンコニカミノルタ株式会社のブースもご案内しました。

c0199047_17254852.jpg

c0199047_17260628.jpg

c0199047_17261342.jpg

多治見市区町会の皆様ありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-07-05 17:31 | 見学
7月1日(日)「わくわくワークショップ&うきうきクイズスタンプラリー」を開催いたしました。

c0199047_16432916.jpg

c0199047_16432668.jpg

今回のスタンプラリーは、環境防災ゾーンを含め3カ所にポイントを設け、展示物や、パネルに書かれているヒントから三択で答えて頂きました。ポイントのブース以外にも立ち寄られ、ゆっくりと館内を見ておられるご家族もいらっしゃいました。

c0199047_16440697.jpg

c0199047_16471327.jpg

ゴールでは、お子様は勿論、大人の方にも景品を選んでいただきました。たくさんの種類をご用意していますので、なかなか決められないお子さんや、お母さんへのプレゼントを選ばれる方もいらっしゃいました。

c0199047_16442182.jpg

今回のワークショップは、牛乳パックで作った「うちわ」に好きな絵を描いていただきました。小さなお子様も上手に描いてスタッフに見せに来られたり、大人の方も一緒に「マイうちわ」作成にご参加頂き、満席になるほどの大盛況でした。

c0199047_16454405.jpg


七夕も近いので、スタッフ手作りの笹に願い事を書いた短冊を飾っていただきました。かわいいお願い事や、将来の夢が書かれてあったりと、皆さんの願い事で笹がいっぱいになりました。全部叶うといいですね。

c0199047_16455826.jpg


今回もたくさんの方にご参加いただきました。次回は、7月15日(日)を予定しております。スタッフ一同、皆さまのご参加をお待ちしております。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-07-04 16:52 | イベント
6月22日(金)東大阪市立布施小学校 5年生の皆さんが見学にいらっしゃいました。

c0199047_17345509.jpg

地球温暖化のパネルを見ていただきながら、この100年で地球の平均気温が約1度上がったことで、すでに環境が悪化してきていると言うことをお話ししました。
このままでは、今世紀末にも5度近く上がると予想されています。
家畜や食物にも影響が出ることによって、食糧の調達も困難になってきます。
温暖化にストップをかけるために今日から出来る事を一緒に考えて頂きました。

c0199047_17353418.jpg

エコマークのコーナーでは、日本のエコマークに込められている意味と、世界のエコラベルをご紹介しました。
ゴミの分別はしていても、何気なく捨てているペットボトルなど、リサイクルすることで生まれ変わった資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップを例に、リサイクルにかけたエネルギーを無駄にしない為にも長く使うことの大切さをお話ししました。

c0199047_17363170.jpg

「保水、透水性レンガ」のコーナーでは、実際にレンガに水を掛け、保水透水性レンガと、一般的なレンガの違いを見ていただきました。
都会の夏場の気温は2~3度高くなりますが、雨水など水分を長時間保つことで「打ち水効果」が持続するという特長を活かして、主に歩道に使われていることをお話ししました。

c0199047_17365562.jpg

「3R」のコーナーでは、ゴミを減らす「リデュース」
繰り返し使う「リユース」
原料に戻し新たな商品に生まれ変わらせる「リサイクル」についてご説明しました。
また、3Rには優先順位が法律で定められていることや、なぜ、一番目にリデュースなのか?リサイクルでどんな商品が作られているのか?についてご紹介しました。

c0199047_17372327.jpg

その他にも、LED電球の事が分かる「おもしろ体感」や、ミズノ株式会社 の環境への取り組みについて、環境防災ゾーンでは避難所で役立つ商品を見て頂きました。

c0199047_17373926.jpg

c0199047_17385028.jpg

東大阪市立布施小学校の皆さん、ご来館ありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-06-22 17:40 | 見学
6月21日は、『一般社団法人 日本電気協会関西支部大阪部会』から見学にいらっしゃいました。
皆様、とても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。

c0199047_13430005.jpg

エコマークゾーンでは、マークの意味とエコマーク商品として認証されるのに必要な要件について説明しました。
特に商品のライフサイクル全体でチェックされることを強調しました。
また最近は、ホテル・旅館業やカーシェアリングなどのサービスもエコマークの認証対象になってきている点についてもお伝えしました。

c0199047_13432306.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、物流業界における実績についてお話しました。
次にパワーモーラーの応用例として、自動化された無人植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。

c0199047_13433709.jpg

すまい・省エネゾーンでは、株式会社エクセルシャノンのブースで各種断熱ガラスやサッシの性能を実演装置で体感していただきました。また複層ガラスの遮音効果の大きさも実演装置で見ていただきました。

c0199047_13435461.jpg

さらに日本板硝子ビルディングプロダクツ株式会社のブースで、コールドスプレーを使って真空二重ガラス窓「スペーシア」の断熱性能の高さを見ていただきました。

c0199047_13440847.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、グラブを製造する際に牛革が残らないようにする工夫を見ていただきました。
この事例から、「もう使えない」と思えるようなモノでも、アイデア次第で立派な商品に生まれ変わることをお分かりいただけたと思います。

c0199047_13443883.jpg

以上の他にも、コニカミノルタ株式会社のブースで紙のリデュース機能を、サラヤ株式会社でヤシノミ洗剤と同社の生物多様性保護の活動について、株式会社アイザックのブースで緊急地震速報サービス「ゆれぽ~と」を見ていただきました。

c0199047_13450111.jpg

c0199047_13445396.jpg

c0199047_13454913.jpg

一般社団法人 日本電気協会関西支部大阪部会の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-06-22 13:49 | 見学
6月17日(日)、エコプラザ恒例のわくわくうきうきワークショップ&クイズスタンプラリーを開催いたしました。

c0199047_17232699.jpg

c0199047_17235285.jpg

ご家族皆さんで来られる方がとても多かったのですが、小中学生の方のみや、ご年配の方など幅広い年代の方にご来場いただきました。
クイズスタンプラリーはエコに関するクイズ3問答えてゴールすると、お好きな景品をお持ち帰りいただけます。友だち同士や家族でじっくり考えながらクイズに取り組んでいました。

c0199047_17244208.jpg


今回のワークショップでは、牛乳パックを利用した「ぶんぶんゴマ」を作りました。
最初に自由にイラストや模様を描いてもらうのですが、お母さんの描いたキャラクターを真似して描いたり、小学校高学年ともなるとオシャレな模様で彩ったりと、なかなか個性的でした。

c0199047_17255139.jpg

c0199047_17254556.jpg

小さなお子さんはコマを作ることそのものよりも、完成したコマを回すことが難しかったようです。
それでも何回も練習しているうちに、だんだんうまくなっていきました。
とうとう「ぶーん」と音が鳴ったときには、「やったー」「すごいすごい」と歓声が上がっていました。

今回もたくさんの方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

次回は、7月1日(日)に開催いたします。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-06-19 17:26 | イベント
6月13日(水)大阪府立大学 総合リハビリテーション学類の皆さまが来られました。
前半に特定非営利活動法人イー・ビーイングの井上会長の講義を受けられた後に館内見学をされました。

c0199047_12441788.jpg


c0199047_12444718.jpg

エコマークゾーンでは、エコマークについてマークの意味や、世界で2番目にできた環境ラベルであること等をお話をし、他にもエコマーク商品として認証されるには、いくつもの厳しい基準をクリアしなければいけないこともお話しました。
実際にエコマーク商品を手に取って見て頂きました。

c0199047_12472558.jpg

植物工場のブースでは、日本の食糧自給率のお話や、府立大学と伊東電機株式会社が共同開発した植物工場の小型版を見ていただきました。
どうしてもかかってしまう電力も、少しでも削減できるようにパワーモーラー等が開発されていることなどもお話しました。

c0199047_12475037.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、パレットの廃材で世界に一つだけの家具を実際に見て触れていただきました。
環境に優しいということにも繋がるとお話させていただきました。
皆さん実際に見て触れて興味を持ってくださいました。

c0199047_12482155.jpg


循環型社会形成推進ゾーンでは、3つのR「リデュース・リユース・リサイクル」について具体的な例などをお話しました。
他にも同じブースにある「発泡スチロール減容化ブロック」について、発泡スチロールを運搬するためにリサイクルするといった特殊なリサイクルを紹介しました。

c0199047_12491968.jpg

防災ゾーンでは、株式会社アイザック「ゆれポート」第一コンテク株式会社造水手動浄水器「E-NO」についてお話しました。
災害前に準備しておくことがどれだけ大切なことかお話させていただきました。

c0199047_12522471.jpg

c0199047_12505748.jpg

大阪府立大学 総合リハビリテーション学部の皆さまとても熱心に聞いていただきありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-06-15 12:56 | 見学

6月12日(火) 緑女性会 様

6月12日(火)緑女性会の皆様が見学にいらっしゃいました。

c0199047_16045765.jpg


エコマークゾーンではエコマーク取得に必要な厳しい要件がたくさんあることや、株式会社伊藤園の茶殻リサイクルシステム、資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップなどを紹介し、リサイクル商品の大切さをお話ししました。

c0199047_16053663.jpg

伊東電機株式会社のブースでは大阪府立大学と共同開発された植物工場を見ていただき物流業界で注目の高効率モーター「パワーモーラ」についてもご説明いたしました。皆さんとても興味深く見ておられました。

c0199047_16055285.jpg

住まい省エネゾーンでは住まいの省エネに重要な窓の断熱性についてや株式会社ノーリツの省エネ性と環境性に優れたハイブリッド給湯暖房システムをご紹介致しました。

c0199047_16065132.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは大栄環境株式会社の取り組みについてや3Rの優先順位が大切である事をご説明致しました。
また減容化ブロックが特殊なリサイクル方法の過程で出来るブロックで発泡スチロールから出来ている事をお伝えすると皆さん何度も触っておられました。

c0199047_16392805.jpg


環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社のENOや株式会社一条工務店の木質耐震シェルーターなどをご紹介し災害に備えて準備しておく事の大切さをご理解頂きました。

c0199047_16075935.jpg


c0199047_16081371.jpg


その他にサラヤ株式会社一般社団法人JBRCについてもご紹介させていただきました。

c0199047_16410534.jpg

c0199047_16412504.jpg


どのブースでもスタッフの説明に熱心に耳を傾けてくださっていました。
緑女性会の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-06-13 16:52 | 見学