環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
10月10日〈水〉、11日〈木〉の2日に分かれて阪急電鉄株式会社の皆様がいらっしゃいました。

c0199047_12245067.jpg


エコマークゾーンでは、商品に付けられているイメージのエコマークですが、最近、サービスや、製造における環境配慮に対してのエコマークといった、消費者の目に付かない分野にも付けられるようになったことを、ご紹介しました。

c0199047_12250864.jpg


住まい、省エネゾーンでは、住環境の中でも重要な窓についてご説明しました。複層ガラス、樹脂窓枠の断熱効果が知られるようになってきましたが、9割が熱伝導率の高いアルミ枠が使われています。省エネ対策として開発された商品の特徴をご紹介しまいた。

c0199047_12340115.jpg

c0199047_12343464.jpg


ネジの専門商社株式会社コムウエル・フジサワをご案内しました。多種多様なネジの中から適した物を探すお手伝いをして頂けるというだけでなく、東京スカイツリーの先端に使われる「緩まないネジ」や、「作業効率をアップ」といった特殊なネジも提供されています。スーパースリットナットの構造をご説明しました。

c0199047_12264878.jpg


コドモエナジー株式会社の光輝度蓄光磁器「ルナウェア」と日本エコ照明株式会社の「CCFL」をご紹介しました。

c0199047_12351673.jpg



伊東電機株式会社のパワーモーラ、株式会社パレットハウスジャパンコニカミノルタ株式会社ミズノ株式会社サラヤ株式会社の環境への取り組みについて、ご紹介しました。

c0199047_14410584.jpg

c0199047_14411978.jpg

c0199047_14432372.jpg

c0199047_14433735.jpg

他にも、「3Rコーナー」「環境防災ゾーン」をご案内しました。

c0199047_14440818.jpg

c0199047_14444848.jpg

阪急電鉄株式会社の皆様、ありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-13 14:46 | 見学
10月7日(日)恒例の「わくわくエコワークショップ&クイズスタンプラリー」を開催しました。

c0199047_18064812.jpg


「エコマークゾーン」「住まい・省エネゾーン」「環境防災ゾーン」の3カ所のポイントでクイズに答えスタンプを集めゴールに進んで頂きました。

c0199047_18075397.jpg

c0199047_18082021.jpg


ゴールでは、たくさんある景品(おもちゃ・日用品など)中からお好きな物を選んで頂きました。

c0199047_18084217.jpg


ワークショップでは、牛乳パックでエコプター作って頂きました。皆さんカラフルに色を塗られとても素敵な作品が出来上がりました。
c0199047_18091484.jpg

c0199047_18102158.jpg



次回の開催予定は、10月21日です。皆様のご参加をお待ちしております。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-11 18:10 | イベント

10月6日(土) 楽生会 様

10月6日(土)は、楽生会の方々が見学にいらっしゃいました。皆様、スタッフの説明にとても熱心に耳を傾けてくださいました。

c0199047_11535239.jpg


資源リサイクルセンター株式会社松田商店のブースでは、ペットボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。マグカップをご紹介し、リサイクルコストを低減したり、長く使ってもらえるような性能・デザインの工夫がなされていることをお伝えしました。

c0199047_12384353.jpg


株式会社伊藤園のブースでは、お茶をしぼった後の茶殻を様々な素材と混ぜ合わせて作られている商品群を見ていただきました。現在、150社以上と茶殻入り製品を共同開発しており、年間6万トンにも達する茶殻を多くの会社と一緒に減らしていこうとされていることをご理解いただきました。

c0199047_12385887.jpg


株式会社エフピコのブースでは、スーパーマーケットと消費者と一体になって世界で初めての「トレーtoトレー」リサイクルシステムを作り上げていることをご説明しました。
また同社は障がい者雇用では4年連続で日本のトップであること、しかも障がい者の個性を活かした会社になくてはならない人材として重用していることをお伝えしました。

c0199047_12391164.jpg


株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、従来、廃棄処理されていた木製パレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。「廃棄物も工夫次第で立派な商品に生まれ変わること」、「廃棄物はお金を出して買ったものの一部だから、捨てる事はお金を捨てているのと同じ」ということをご理解いただきました。

c0199047_12391821.jpg


3Rコーナーでは、日本は法律(循環型社会形成推進基本法)で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。ただリサイクルをした方が環境負荷が小さくなることもあり、その一例として輸送時の環境負荷を大幅に削減する(発泡スチロールの減容化ブロック)の現物を見ていただきました。

c0199047_12393353.jpg


環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社のプールや池の水を飲料水に変える手動式浄水(造水)システムをご覧いただきました。近年、台風や洪水、地震(津波)などのリスクが高まってきています、複数の災害が同時に発生することも含めた防災対策を事前に地域の人と話し合っておくことの大切さを強調しました。

c0199047_12395319.jpg


楽生会の皆様、どうもありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-07 12:40 | 見学
10月6日(土)久米住民自治協議会の皆さんが見学に来られました。

c0199047_11430971.jpg


エコマークゾーンでは、エコマークについて、どういった商品サービスについているかや、世界で2番目にできた環境ラベルであること、他にもエコマーク商品として認証されるには、いくつもの厳しい基準をクリアしなければいけないことなどをお話しました。展示されているエコマーク商品を実際に手に取って見て頂きました。

c0199047_11435962.jpg


植物工場のブースでは、日本の食糧自給率のお話や、府立大学と伊東電機株式会社が共同開発した植物工場の小型版を見ていただきました。どうしてもかかってしまう電力も、少しでも削減できるように開発されていることなどもお話しました。

c0199047_11463638.jpg


株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、パレットの廃材で世界に一つだけの家具を実際に見て触れていただきました。環境に優しいということにも繋がるとお話させていただきました。男性の方は特に興味を持ってくださいました。

c0199047_11464967.jpg


循環型社会形成推進ゾーンでは、3つのR「リデュース・リユース・リサイクル」については皆さんご存じでしたので、少しお話した後は、「発泡スチロール減容化ブロック」という発泡スチロールを運搬するためにリサイクルするといった特殊なリサイクルを紹介しました。皆さんにも実際に触れていただきました。

c0199047_11471697.jpg


防災ゾーンでは、株式会社アイザックの「ゆれポート」や他にも第一コンテク株式会社の造水手動浄水器「E-NO」ご紹介しました。

c0199047_11474275.jpg

c0199047_11480080.jpg


久米住民自治協議会の皆さんありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-07 11:48 | 見学
10月5日、伊賀市立阿山中学校の皆さんがエコプラザに来られました。課外学習の一貫としてグループごとにいろいろな施設を見学されるようです。
エコプラザでは、学習シートに沿ってコースを回り、問題を解いていかれました。


温暖化コーナーでは、温暖化の仕組み、原因、そして今どのような問題が起こっているのかなどをパネルで確認する姿が見られました。

c0199047_11343998.jpg


エコマークゾーンでは、エコマーク商品の種類の多さに驚かれていました。問題の『エコマグカップ』や『エコひも君』をみんなで協力して探されていました。

c0199047_11344928.jpg


3Rコーナーでは、「発泡スチロールの減容化ブロック」の問題を解かれた後、一人一人ブロックに触れられ、重さを確認される生徒さんもいらっしゃいました。

c0199047_11345744.jpg


伊賀市立阿山中学校の皆さん、ありがとうございました。




[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-07 11:35 | 見学
10月5日〈金〉島根県立松江南高等学校 1年生の皆さんが見学にいらっしゃいました。

c0199047_11205518.jpg


地球温暖化について、パネルを見て頂きながらご説明しました。温暖化の原因を作っているのは私達の生活の変化にあるといわれています。海水温の上昇によって台風が大型化し、珊瑚礁の減少によって生態系にも大きな影響を与えています。このままだと、どうなってしまうのか?といった問題点をお話しました。

c0199047_11234955.jpg



エコマークゾーンでは、世界で二番目にスタートした日本のエコマークについて、ご紹介しました。ペットボトルから作られた資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップの説明を通して、リサイクルにかけたエネルギーを無駄にしない為にも、長く使う事の大切さをお話ししました。

c0199047_12464914.jpg



ミズノ株式会社の「ミズノグリーングレード」の説明と、サラヤ株式会社のボルネオの森林保護活動についてお話ししました。企業が環境に対し、どのような取り組みをしているのか?といった説明をメモを取りながら、熱心に聞いておられました。

c0199047_11251149.jpg

c0199047_11255761.jpg



他にも、「3Rコーナー」「保水、透水性レンガ」「一般社団法人JBRC」「おもしろ体感コーナー」をご紹介しました。

c0199047_11253917.jpg

c0199047_11270835.jpg

c0199047_11273496.jpg

c0199047_11274766.jpg



島根県立松江南高等学校の皆さん、ありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-07 11:28 | 見学
10月3日(水)は西日本電気システム株式会社の皆様が見学にいらっしゃいました。会社としても環境管理に取り組まれていて、スタッフの説明を真剣にお聴きになっていました。

c0199047_12571583.jpg


資源リサイクルセンター株式会社松田商店のブースでは、ペットボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。マグカップやプランターを通して、使うとすぐに捨てられてしまうようなリサイクル品ではなく、リサイクルコストを低減したり、長く使ってもらえるような性能・デザインの工夫が必要になってきていることをご理解いただきました。

c0199047_12585330.jpg


株式会社伊藤園のブースでは、お茶をしぼった後の茶殻を様々な素材と混ぜ合わせて作られている商品群を見ていただきました。現在、150社以上と茶殻入り製品を共同開発しており、一社だけでなく複数の会社とタイアップしながら目標を達成しようとする動きが広がりつつあることをご理解いただきました。

c0199047_12595899.jpg


株式会社エフピコのブースでは、スーパーマーケットと消費者と一体になって世界で初めての「トレーtoトレー」リサイクルシステムを作り上げていることをご説明しました。
また同社は障がい者雇用のトップランナーであること、しかも障がい者の個性を活かした会社になくてはならない人材として重用していることをお伝えしました。

c0199047_13001572.jpg


株式会社エクセルシャノンのブースでは、特に窓周辺の断熱方法を実演装置でご確認いただきました。熱伝導には樹脂製サッシが、対流には比重の重いアルゴンやクリプトンが、放射(輻射)にはLow-E膜が有効である理由をご理解いただきました。

c0199047_13050436.jpg


日本板硝子ビルディングプロダクツ株式会社のブースでは、コールドスプレーを使って真空ガラスの優れた断熱性を実感いただきました。

c0199047_13051974.jpg


その他、日立造船株式会社の放電破砕装置とフラップゲート型可動防潮堤、伊東電機株式会社の植物工場、株式会社アイザックの緊急地震速報サービス「ゆれぽ~と」、第一コンテク株式会社の手動式浄水(造水)システムなどをご覧いただきました。

c0199047_13053272.jpg

c0199047_13054618.jpg

c0199047_13060489.jpg

c0199047_13283088.jpg


西日本電気システム株式の皆様、どうもありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-04 13:34 | 見学
9月28日〈金〉東大阪大学柏原高等学校 1年生の皆さんがいらっしゃいました。

c0199047_12075119.jpg


地球温暖化の原因、今既に起きている問題、このままだと悪化が進み更に大きな問題を抱えることになるといった点をパネルを見ていただきながらお話しました。温暖化の原因となる二酸化炭素の削減に、今日からでも出来る事は節電です。どんな節電方法があるのかご紹介しました。

c0199047_12091499.jpg


エコマークゾーンでは、ペットボトルのリサイクル商品を見て頂きました。環境に配慮した商品を開発する企業の思いをお話すると、私達消費者が、そういった商品を大切に使わなければいけないということを感じて頂だけたようです。

c0199047_12424131.jpg


ミズノ株式会社では、「ミズノグリーングレード」についてお話ししました。自社商品の開発から、製造工程、廃棄物をゼロにするといった全てが環境を考えられていることを、ご紹介しました。

c0199047_12110437.jpg


サラヤ株式会社が原料に使われるボルネオ原産のヤシを、ただ使うだけでなく、熱帯雨林の森を保全する活動も行っていることをご紹介しました。森に暮らす動物の保護の為に、現地に社員の方が行かれ活動されている様子がビデオに映ると、真剣に見ておられました。

c0199047_12112712.jpg


他にも、「3Rコーナー」「保水、透水性レンガ」をご説明しました。

c0199047_12433659.jpg

c0199047_12120461.jpg

東大阪大学柏原高等学校の皆さん、ありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-04 12:44 | 見学
9月28日(金)は、中国から青海省低石炭型産業一体化循環発展研修団の方々が見学にいらっしゃいました。皆さんとても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。

c0199047_17362549.jpg

3Rコーナーでは、日本は法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。また日本の環境法の体系、とくに循環型社会形成推進基本法についてご説明しました。

c0199047_17371842.jpg


株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、従来、廃棄処理されていた木製パレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。「廃棄物もアイデア次第で立派な商品に生まれ変わること」、「廃棄物はお金を出して買ったものの一部だから、捨てる事はお金を捨てているのと同じ」ということをご理解いただきました。

c0199047_17374363.jpg


資源リサイクルセンター株式会社松田商店のブースでは、ペットボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。マグカップやプランターを通して、リサイクルコストを低減したり、長く使ってもらえるような性能・デザインの工夫についてもお話ししました。

c0199047_17430941.jpg


株式会社伊藤園のブースでは、お茶をしぼった後の茶殻を様々な素材と混ぜ合わせて作られている商品群を見ていただきました。その際、茶殻を混ぜた封筒を見ていただきました。その中で、茶殻を入れると中が透けて見えないので封筒自体を薄くすることができ、封筒を作る紙の減量、ひいては森林伐採量の削減にも繋がることをお伝えしました。

c0199047_17430807.jpg

その他、株式会社エフピコの「トレーtoトレー」リサイクルシステムの仕組み、コニカミノルタ株式会社のアップグレードリサイクルで生まれた素材(ポリマーアロイ)を本体に使用したコピー機、第一コンテク株式会社の人力で作動できる浄水器(造水器)などをご覧いただきました。

c0199047_17433106.jpg


c0199047_17434310.jpg


c0199047_17440478.jpg

青海省低石炭型産業一体化循環発展研修団の皆様、どうもありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2018-10-02 17:49 | 見学
9月26日(水)大阪若年者地域連携事業の皆様がいらっしゃいました。

c0199047_16375236.jpg

エコマークゾーンでは、商品だけでなく、製造工程や、サービスにも付けられるようになり、消費者の目に付かないエコマークも存在することをご説明しました。
また、株式会社伊藤園独自の茶殻リサイクルシステムによって開発された様々な商品をご紹介しました。

c0199047_16381033.jpg

コニカミノルタ株式会社のコピー機と、環境への取り組み「エコビジョン2050」について、お話しました。
ペットボトルをアップグレードリサイクルすることにより、コピー機に再利用されたことや、二酸化炭素排出量の削減目標の達成に向けての特徴のある取り組みについてご紹介しました。

c0199047_16382322.jpg

大栄環境株式会社をご紹介しました。
廃棄物処理を回収から分別、廃棄物の埋め立てまで一貫して行うことで、安全に処理されます。
また廃棄物を埋め立てた跡地を緑地化し、憩いの場として開放するなど、近隣住民との共存に力を入れていることをお話しました。

c0199047_16383610.jpg

そのほか、伊東電機株式会社のパワーモーラー。
ミズノ株式会社サラヤ株式会社の環境への取り組みについてご紹介しました。

c0199047_16390094.jpg

c0199047_16390857.jpg

c0199047_16391964.jpg

他にも、「3Rコーナー」「一般社団法人JBRC」「環境防災ゾーン」をご案内しました。

c0199047_16393260.jpg

c0199047_16393908.jpg

大阪若年者地域連携事業の皆様、ありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2018-09-26 16:41 | 見学