環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2018年 08月 07日 ( 2 )

8月7日(火)中国から青海省循環型経済行政管理研修団の皆さまがいらっしゃいました。

c0199047_17324574.jpg

3Rコーナーでは、法律で定められた「リデュース」「リユース」「リサイクル」の優先順位があることと、資源の少ない日本にとってはエネルギーを使うリサイクルは必ずしも良いとは言えず、資源の有効利用なのかが見極められていることをお話しました。

c0199047_17340266.jpg

発泡スチロールの減容化ブロックを見て頂きました。
プラスチック製品に再利用出来る発泡スチロールも輸送するとなると、減容化し、一度に大量輸送することの方がエネルギー使用を抑える事が出来ます。
減容化されたものは中国に輸出されていることもあり、大変興味を持って頂けたようです。

c0199047_17341482.jpg

大栄環境株式会社をご案内しました。
国内でも珍しい廃棄物処理方に取り組んでいる企業としてご紹介しました。
廃棄物の回収から、分別、廃棄まで一貫して行っている点も珍しいのですが、廃棄する際の処分場について近隣住民に理解頂くという大きな課題に対し、埋め立てた跡地を緑地化し、憩いの場として提供するという画期的な手法で拡大していることをご説明しました。

c0199047_17343259.jpg

伊東電機株式会社と大阪府立大学との共同開発「植物工場」をご紹介しました。
気候の悪化が懸念される将来、露地栽培の収穫が不安定になってきます。
無農薬で衛生的に育てることで、洗わずに食べられるといった水不足の問題にも対応。
広い土地を必要とせず、消費する近くでの栽培は、輸送エネルギーのカットも出来ます。
自給率の低い日本にとって注目されている農法であることをご説明しました。

c0199047_17350091.jpg

他にも、エコマークのコーナーと、日本の企業の環境への取り組みのご紹介に、ミズノ株式会社サラヤ株式会社株式会社パレットハウスジャパンコニカミノルタ株式会社もブースをご案内しました。

c0199047_17353029.jpg

c0199047_17354281.jpg

c0199047_17355349.jpg

c0199047_17360959.jpg

見学の後、質疑応答の時間には、日本のリサイクル事業や、CSRにも興味を持たれ、見学コース以外のブースにも多くの質問が寄せられました。

c0199047_17362948.jpg


青海省循環型経済行政管理研修団の皆さま、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2018-08-07 17:38 | 見学

7月、8月 TOT7-AHK 様

7月21日(土) AHK180720 TOT7-AHK 様
7月25日(水)AHK180724 TOT7-AHK 様
8月 3日(金) AHK180802TOT7-AHK 様 が見学に来られました。

c0199047_17224610.jpg

エコマークゾーンでは日本のエコマークは世界で2番目に早く始まった事などをご説明し資源リサイクルセンター株式会社松田商店のペットボトルから出来たエコマグカップは長く愛用してもらう為にデザインも工夫されている事などを知って頂きました。

c0199047_17233091.jpg



c0199047_17234347.jpg

c0199047_17234347.jpg

伊東電機株式会社のブースでは大阪府立大学と共同開発された植物工場を見ていただきました。
天候に左右されることがないので計画的に安定した価格で生産できることやパワーモーラの優れた機能についてご説明致しました。

c0199047_17240208.jpg

保水透水性レンガのブースでは二つのレンガの違いを見て頂きました。

c0199047_17243170.jpg

3Rのコーナーでは、特殊なリサイクルの発泡スチロールの減容化ブロックを見て頂きました。
ブロックが中国などに運ばれてプラスチック製品に生まれ変わるという事で大変興味深くご覧になられていました。

c0199047_17250137.jpg

ミズノ株式会社のブースではグローブや木製のバットを作るときの端材を捨てずにお財布やキーホルダーを作るなど環境に配慮したゼロエミッションを実施されている事をお話しました。

c0199047_17251644.jpg

環境防災ゾーンでは災害が起こる前に準備する事の大切さを知っていただきました。
第一コンテク株式会社のENOをご紹介すると簡単に飲料水を作る事が出来る事に大変驚かれていました。

c0199047_17254779.jpg

AHK180720 TOT7-AHK、 AHK180724 TOT7-AHK、 AHK180802TOT7-AHK の皆様ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2018-08-07 17:29 | 見学