人気ブログランキング |

環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2017年 02月 25日 ( 5 )

2月24日は、「一般社団法人大阪国際経済振興センター」を通じて、4カ国(中国、マレーシア、ベトナム、オーストラリア)の方々が見学に来られました。皆さんの学ぶ姿勢が素晴らしく、スタッフの説明を熱心にお聞きになっていました。短時間でしたが、的を射たご質問が多く、スタッフとしても貴重で楽しい時間でした。
c0199047_13541429.jpg

エコマークゾーンでは、エコマーク商品として認証されるのに必要な要件について説明しました。エコマークはエコラベルの一種であり、「世界エコラベリングネットワーク(GEN)」に加入していることをお話ししました。そして、各国のエコラベルのデザインを見ていただきました。ベトナムはまだGENに未加入なので、別紙でご覧いただきました。次に国家間でエコラベルの相互認証が進んできていることをお伝えしました。
c0199047_13544055.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず植物工場の全体像を説明し、「なぜ必要か」「メリット」「今後の課題と対策」についてお話ししました。とくに中国の方が「土を使わない水耕栽培であること」を何度も確認されていたのが印象的でした。また、「省エネがどんどん進んできていること」「水の消費が少なくなる」など、ライフサイクル全体として環境負荷が下がってきていることを説明しました。とくに東日本大震災で津波の被害を受け、塩害で農作物が育たなくなっている地域で活用されていることを説明した時には、多くの方が深くうなずいておられました。さらに植物工場の実演装置を見ていただき、物流手段としてのパワーモーラーという運搬システムの効果をご覧いただきましたところ、「植物(野菜)がどのように作られ、出荷されるのか、また収穫量を増やしたり、コストを下げる工夫についてもよく分かった」との感想をいただきました。
c0199047_13551715.jpg

コニカミノルタ株式会社のブースでは同社の環境負荷低減の仕組みを説明し、日本経済新聞社の「環境経営度調査」で2年連続第1位を獲得したことをお伝えしました。また「リサイクル品を商品に使っているのですか」というご質問をいただいたので、同社のアップグレードリサイクル(とくにPETとPCのポリマーアロイ)についてご説明しました。さらに、コピー機の実演を行いました。8枚を1枚にまとめてコピーできる機能を両面印刷で使って、16枚が1枚の用紙に集約する様子を見ていただきましたが、その印刷品質が極めて鮮明なことに驚かれていました。
c0199047_13555236.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、日本の3Rは、法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。また発泡スチロールの減容化ブロックが廃棄物そのものの削減と、ガソリンなど燃料消費量や二酸化炭素排出の大幅な削減につながることをお伝えしました。
c0199047_13562294.jpg

一般社団法人大阪国際経済振興センターを通じてお越しになった海外からの皆様、どうもありがとうございました。


by ecoplaza | 2017-02-25 13:58 | 見学
2月23日、城陽環境パートナーシップ会議の皆様が見学にいらっしゃいました。

株式会社パレットハウスジャパンでは、廃棄パレットから生まれたオリジナルなインテリアをご紹介しました。皆さん大変熱心に展示のインテリアをご覧になり、「地元のデザイン会社でみたことあります」というお客様もいらっしゃいました。
c0199047_11573601.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、環境配慮型商品の認定基準であるミズノグリーングレードやゼロ・エミッションの取り組みなどを知っていただき、グローブを製造する際に牛革を工夫してカットされ、余らせた部分でお財布や小物入れなどを作っていることを知っていただきました。
c0199047_11580196.jpg

東芝テック株式会社のブースでは、ペーパーリユースシステムLoopsをご紹介しました。
リクションペンと同じインクを使用されたコピー機で複写されたものが消色され5回以上用紙を繰り返し使用できることや、用紙に書かれた内容などはUSBに保存できることを説明すると大変興味を持たれたご様子でした。
c0199047_11583859.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、大阪府立大学と提携して開発された植物工場をご紹介しました。植物工場のメリットデメリットを説明し、コンベア部分に使われているパワーモーラの省エネ性と世界でシェア70%占めていることを説明したところ大変興味深くご覧になっていました。
c0199047_11590538.jpg

サラヤ株式会社のブースでは、ボルネオの自然保護活動に尽力されていることを知っていただき、環境防災ゾーンでは、株式会社一条工務店の「木質耐震シェルター」や、3Rのコーナーでは「減容化ブロック」をご紹介しました。
c0199047_11594654.jpg

c0199047_12010179.jpg

城陽環境パートナーシップ会議の皆様ありがとうございました。


by ecoplaza | 2017-02-25 12:03 | 見学

大邱広域市西区議会 様

2月23日、大邱広域市西区議会の皆様が見学に来られました。環境への関心が高い皆様でした。
c0199047_11452320.jpg

日立造船株式会社では、電気の力で岩盤などを破砕する「放電破砕工法」や、動力や人力を使わず浸水により自然に起立する「フラップゲート式津波防波堤 陸上設置タイプ」について説明すると、それぞれの仕組みに感心されていました。
c0199047_11455281.jpg

株式会社笑緒一(わっしょい)では、酸性白土や珪藻土、そして、光触媒作用の働きによって様々な効果がある壁材『深呼吸』を紹介しました。体感BOXで脱臭効果の違いを体感していただくと、『深呼吸』の脱臭効果の高さに大変驚かれ、何度も臭いを確認されていました。
c0199047_11463543.jpg

東芝テック株式会社では、ペーパーリユースシステム『Loops』の実演を見ていただきました。用紙を繰り返し使う発想や、次に使える用紙と使えない用紙を自動分別される点に驚かれていました。
c0199047_11471992.jpg

株式会社コムウエル・フジサワでは、『スーパースリットナット』を紹介しました。緩まない仕組みに関心が高く、手にとってスリットやねじの上下のピッチを確認されていました。
c0199047_11475886.jpg

環境・防災コーナーでは、「造水手動浄水器」や「マンホール直結型トイレ」を紹介しました。災害が起こる前に色々な準備ができることをお伝えしました。
c0199047_11482300.jpg

大邱広域市西区議会の皆様、ありがとうございました。


by ecoplaza | 2017-02-25 11:55 | 見学
2月22日(水)は、大阪・サンパウロ姉妹都市協会の方が見学にいらっしゃいました。

地球温暖化のしくみや原因、どんな影響があるのか、そして地球温暖化対策についてパネルに沿ってご説明させていただきました。日本だけではなく世界全体で一人一人がもっと真剣に環境について考えないといけないということ、小さいことでも1人1人にできることがあるということをお伝えしました。
c0199047_11384038.jpg

エコマークゾーンでは、エコマークをつけるには厳しい基準があり、その基準にクリアしたものだけがエコマークをつけることができるということをご説明しました。本日のお客様は現在ブラジル在住で、とても環境について考えられていて色んなことを勉強されていました。エコマークについても、日本の基準はとても厳しくてしっかりしているとおっしゃっていただきました。そして資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップについては、直接口にする食器にリサイクル品を使用するということ、それだけ安全な方法でリサイクルされているのですね。と感心されていました。
c0199047_11381236.jpg

伊東電機株式会社と大阪府立大学との共同開発の植物工場については、天気や気候に左右されず効率よく野菜を育てることができること、他にも虫が入ってこないので無農薬で育てられることや、水耕栽培でおこなわれていること、そしてどうしてもかかってしまう電力に関してもパワーモーラーが使用されていたり、太陽の代わりの光をLED電球にしたりと、省エネがしっかり考えられていることをご説明させていただきました。
c0199047_11392108.jpg

株式会社パレットハウスジャパンでは、世界で1つのオーダー家具ができるまでの行程や、飲食店等でも使用できるほど安全だということをご説明すると、とても気に入られたようで興味を持っておられました。
c0199047_11394997.jpg

3Rコーナーでは、特殊なリサイクルということで「発泡スチロール減溶化ブロック」についてお話しました。運ぶ為にリサイクルされるということや、何からできているかわからない見た目に、触ったり持ち上げたりして、驚かれていました。
c0199047_11402836.jpg

サラヤ株式会社では、ボルネオの現状や問題、それに対しての活動についてご存じで感心されており、商品も実際に使用したことがあるとおっしゃっていました。
c0199047_11412116.jpg

今回は日本の企業等の環境への取り組みをご案内させて頂きましたが、ブラジルの環境への取り組みや現状も教えていただきとても勉強になりました。

サンパウロからお越しいただきありがとうございました。

by ecoplaza | 2017-02-25 11:43 | 見学
2月22日(水)は、日本メディカル福祉専門学校の皆さんが、見学にいらっしゃいました。

大栄環境株式会社のブースでは、収集運搬から最終処分、更に跡地利用まで一貫している事をご説明させていただきました。
現場でミニコンテナを使用してある程度分別してから運搬する事に興味を持っていただいたようです。
また、先日竣工した御坊リサイクルセンターについてもお話させていただきました。地元の理解があっても、計画着手から竣工まで、おおよそ11年の年月がかかるという事にとても驚いておられました。
c0199047_11321204.jpg

コニカミノルタ株式会社のブースでは、複合機「bizhub」をご紹介しました。本体に再生素材を多用している事で資源の有効利用をしている事をご説明させていただき、「8イン1」の操作を実際に見ていただきました。8枚コピーしたものが縮小されて1枚になり、更にその1枚に縮小された文字のひとつひとつが鮮明に印刷されていることにとても驚いておられました。
更に、この機械がユニバーサルデザインであることにもたいへん興味を持っていただけたことと思います。

東芝テック株式会社のブースでは、ペーパーリユースシステム「Loops」をご紹介しました。
フリクションペンの原理を応用した熱で消えるトナーインクを使用したコピー機であることや、印刷した用紙を繰り返し使えるように出来ること、何度使ったかがわかるように小さな印がつくこと、次に使える用紙とそうでない用紙が自動分別されて出てくるということ興味をもたれたようです。
c0199047_11331110.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、環境配慮型商品「ミズノグリーングレード」「ゼロエミッション」についてご説明させていただきました。グローブの革を裁断するときに端から取っていき、余った革で小物入れにし、更に残った端切れも捨てずに果樹園の肥料になるという事に大変驚いておられました。
c0199047_11334170.jpg

日本メディカル福祉専門学校の皆さん、ありがとうございました。

by ecoplaza | 2017-02-25 11:36 | 見学