環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

10月24日(火)広陵町交通安全母の会様が、見学に来られました。
エコマークのコーナーの中で、リサイクル商品について、お話ししました。リサイクル商品は安物というイメージを持たれることが多いので、リサイクル商品こそ、長く使わなければリサイクルにかけたエネルギーが無駄になる。ということを知って頂きました。
c0199047_15111839.jpg

住まいのゾーンでは、住環境に一番影響を与える「窓」のご紹介をしました。後進国といわれる日本の窓も、最近では開発が進んできました。複層ガラスといっても真空のものもあれば、アルゴン、クリプトンといったガスが注入されているものもあり、消費者の選択肢が広がって来ています。また、窓枠についても、熱伝導率が高いアルミから、樹脂や木製へと変わってきていることをご説明しました。
c0199047_15114673.jpg

おおさかエコテックのブースでは、コドモエナジー株式会社の「ルナウエア」をご紹介しました。避難誘導などで、良く見かける電気を使っている標識は、耐久性の問題だけでなく、電気がストップしてしまうと役に立たないという難点がありますが、「ルナウエア」は、20分の蓄光で、720分発光するので、標識や、案内板、装飾にも電気を使わず省エネであり、半永久的にメンテナンスフリーであるという特徴があります。交通安全の活動をされておられるので、お役に立てればと、ご紹介しました。
c0199047_15121506.jpg

3Rのゾーンでは、リデュース、リユースを最優先に、エネルギーを使うリサイクルを最低限にすることが、資源の少ない日本にとって大切であることをご説明しました。東京オリンピックに向けて、携帯電話から、メダルを作る為の金、銀、銅の回収が始まっています。リサイクルにかかるエネルギー全てが問題なのではなく、一から採取するよりも、質の高いものが得られる場合がある事をお話しました。
c0199047_15123678.jpg

環境防災のゾーンでは、第一コンテク株式会社の「ENO」や、株式会社一条工務店の「木質耐震シェルター」株式会社アイザックの「ゆれぽーと」をご案内しました。災害に対する備えは、起こる前の対策が、経済損失を最小限に抑える事ができるだけでなく、人命にも関わってくることなので、皆さん大変熱心に聞いておられました。
c0199047_15142639.jpg

c0199047_15150735.jpg

短い時間でしたが、広陵町交通安全母の会の皆様、ご来館有り難うございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-10-24 15:20 | 見学

子供カルチャー 様

10月21日、子供カルチャーの皆さんが見学に来られました。
学習シートにそって館内見学をしました。おもしろ体感コーナーでは、白熱電球、蛍光灯、LED電球のうち一番少ないエネルギーで電気がつくのはどれでしょうか。という問題があり、実際にどのくらい必要エネルギーの違があるのかを体感していただきました。みなさん、力いっぱいに回して実感されたようで、かかるエネルギーの違いに驚いていました。
c0199047_11135567.jpg

温暖化コーナーでは、地球温暖化のしくみ、今地球がどういった状態になっているのか、このまま何も対策をせず、そのままにしておくとどういったことがおこるのか。ということをパネルにそってお話しました。そしてみんなにもできることがあるか考えてみる、「みんなのエコアクション」を皆さんで相談しながら考えてもらいました。
c0199047_11142610.jpg

エコマークゾーンでは、エコマークについて少しお話した後、いくつかのエコマーク認定商品を実際に手に取って見ていただきました。資源リサイクルセンター株式会社松田商店の「エコマグカップ」はペットボトル、「エコひもくん」や一部の「トイレットペーパー」は牛乳パックのリサイクル商品である事をお話し、問題に答えてもらいました。プラレールに対しては特に興味を持っておられました。レールの色の違いにすぐに気づかれていたので驚きました。なぜレールの色が違うのか等お話しました。
c0199047_11154758.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、3つのR「リデュース・リユース・リサイクル」について、具体的な例と、優先順位があることをお話しました。皆さん頷いて聞いてくださいました。「発泡スチロールの減容化ブロック」も紹介したところ、実際に触れてみても金属のようなので発泡スチロールからできているとは思わなかった。と驚かれていました。
c0199047_11151607.jpg

サラヤ株式会社では「ヤシノミ洗剤」についてや、ボルネオの現状を調査し、どういった活動をしているかということをお話ししました。他にも、JBRCの小型充電式電池の処理方法、レアメタルが入っていてそのまま処分してしまわないようにと呼びかけている団体であることをお話しました。使用済み小型充電式電池を家電量販店に実際に持っていったことがあると、既にご存じでした。皆さんとても熱心に話を聞いて問題に答えてくれました。
c0199047_11164578.jpg

子供カルチャーの皆さんありがとうございました。



[PR]
by ecoplaza | 2017-10-24 11:22
10月21日(土)イオン大日チアーズクラブの皆様が見学にいらっしゃいました。

おもしろ体感コーナーでは電球の種類によって必要なエネルギーの違いを知っていただく為に手回し発電機を使ってエネルギーを作るための違いを体感していただきました。発電機を一生懸命回されている姿が印象的でした。
c0199047_10505429.jpg

温暖化のコーナーでは温暖化を防止するために出来ることを皆さんと一緒に考えました。
c0199047_10511175.jpg

エコマークゾーンでは、低学年のお子様が多くタカラトミーのプラレールに目を輝かせておられましたので、おもちゃで初めてエコマークがついた事や包装用のフイルムを再利用して作られている事などの説明をすると皆さん大変興味深く聞いて下さっていました。
c0199047_10513965.jpg

保水透水性レンガのコーナーでは二つのレンガの違いを見ていただく為に実際に水をかけて実験に参加していただきました。水を通すレンガの様子を皆さん真剣に見られていました。
c0199047_10520237.jpg

ミズノ株式会社のブースではグローブや木製のバットを作るときの端材を捨てずにお財布やキーホルダーなどが作られていることに驚かれていました。
c0199047_10521971.jpg

イオン大日チアーズクラブの皆様、雨の中ご来場いただきありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-10-24 10:57 | 見学
10月20日、平成29年度 進学力グレードアップ推進事業の皆さんが見学に来られました。展示物に興味を持たれ、スタッフの説明を熱心に聞いてくださいました。
日立造船株式会社では、自然の力を利用して浮上する「フラップゲート式津波防波堤」について説明しました。海底設置タイプと陸上設置タイプの仕組みや施工実績などお伝えしました。
c0199047_10394225.jpg

伊東電機株式会社では、『自動搬送ロボット』が展示されていますが、皆さんは、本日、『自動搬送ロボット』が使われている大阪府立大学の植物工場を見学されたようです。エコプラザでは、トレーを運ぶロボットや高効率モーター『パワーモーラ』を中心に紹介し、機械化による利点や省エネにつながるしくみをお伝えしました。
c0199047_10402192.jpg

一般社団法人やさしいあかりでつなぐ地方創生ネットワークでは、「CCFL」を紹介しました。CCFLの歴史や特徴など説明し、実際に、光の質や当たり方などを「LED」と比較していただきました。
c0199047_10404619.jpg

東芝テック株式会社では、ペーパーリユースシステム「Loops」について紹介しました。用紙を繰り返し使うという発想や、次に使える用紙と使えない用紙を自動分別される点に驚かれていました。
c0199047_10411819.jpg

ミズノ株式会社では、ミズノ環境配慮型商品の認定基準「ミズノグリーングレード」について紹介しました。グラブや木製バットを作るときの端材を捨てず、小銭入れやキーホルダーやなどが作られていることに感心されていました。
c0199047_10420087.jpg

最後、皆さんに「CSR報告書」について説明しました。環境活動の他、労働や安全、衛生、社会貢献などをまとめたものなので、もっと詳しく知りたい時や就職活動などで参考にしていただきたいです。
平成29年度 進学力グレードアップ推進事業の皆さん、ありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-10-24 10:46 | 見学
10月20日(金)は、鳴門市環境衛生組合連合会の方々が見学にいらっしゃいました。皆さんとても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。

エコマークゾーンでは、玩具として日本で初めてエコマーク商品として認証されたプラレールや、ペットボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。マグカップやプランターを通して、リサイクルをする際は長く使ってもらえるような性能・デザインが不可欠になりつつあることをお伝えしました。
c0199047_13400330.jpg

木村アルミ箔株式会社のブースでは、食べられる器を見ていただきました。その器が、海苔やカツオ節などでできていて食べられるので、ごみにならないことに感心しておられました。
c0199047_13404841.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず植物工場の必要性と概要を解説しました。次に最近の省エネ・省力化の進展状況をお話しました。最後に同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、その応用例として、自動化された無人植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。
c0199047_13411516.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、古い木製のパレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。この事例から、廃棄物もアイデア次第で立派な商品に生まれ変わることをお分かりいただけたと思います。
c0199047_13414451.jpg

3Rコーナーでは、日本は法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。次に発泡スチロールの減容化ブロックが廃棄物そのものの削減と、運搬時のガソリンなど燃料消費量や二酸化炭素排出の大幅な削減につながることをお伝えしました。
さらにウイスキーの樽が電話台に生まれ変わる様子をご覧いただきました。樽には高級木材を使用しているので、廃棄物にせずに新たな用途で活用することや、曲がった樽をまっすぐにして電話台として使えるようにする方法をお話ししました。
c0199047_13420955.jpg

環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社のブースで手動式の造水装置の説明をしました。電気もガソリンも使えないときには、自転車の空気入れを使う方法があることに感心される方が多いようでした。
c0199047_13430267.jpg

その他、株式会社インターアクションの廃棄物の分別を容易にする商品、コニカミノルタ株式会社の紙の大幅なリデュースを実現するコピー機、株式会社一条工務店の木質耐震シェルター、株式会社アイザックのブースの緊急地震速報サービス「ゆれぽ~と」をご覧いただきました。
c0199047_13423698.jpg

鳴門市環境衛生組合連合会の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-10-20 13:48 | 見学
10月18日(水)ミサワホーム浜松 建友会の皆様が見学に来られました。
エコマークゾーンでは、エコマーク取得の際、原料調達から廃棄までの全てが検査対象となる大変厳しいものであることと、最近は、商品に付けられるだけでなく、サービスや、製造工程に付けられるようになったことを、昭和電工株式会社のアンモニア製造法を例に、お話ししました。
c0199047_11490430.jpg

日立造船株式会社の「放電破砕工法」をご紹介しました。岩や、建築物の破砕に、危険と騒音といった問題がありますが、液体の入ったカプセルに、電流を流す線を差し込み、電気をいっぱい貯めて流すことで、ピンポイントで爆発させる事が出来、安全であり、静音に処理できるという特徴を、お話しました。
c0199047_11494422.jpg

「住まい」のゾーンでは、「窓」と「断熱材」を中心に見ていただきました。建友会の皆さんも、省エネ住宅に関しては、よくご存じですので、最近の消費者が、窓に対する意識が高まってきているということや、普及してきている複層ガラスにも、アルゴンガスが入っているもの、金属膜を張ったLOW-Eガラスなど、消費者がどのように使い分けて、低価格に抑えているかを、ご紹介しました。
c0199047_11501617.jpg

株式会社コムウエル・フジサワのブースでは、東京スカイツリーの電波塔に使われている、緩まないネジ「スーパースリットナット」や、スライドさせるだけで一瞬で締まる「サンクイックナット」など、メンテナンスや、作業効率といった点を解決してくれる特殊なネジを、ご紹介しました。
c0199047_11503527.jpg

株式会社インターアクションでは、ゴミの分別や、産業廃棄物を入れるのに役立つリレーバックをご案内しました。1トンの重さにも耐えられる丈夫なバックや、アスベストを入れるバックなど、用途に応じたリレーバックをご紹介しました。
c0199047_11515228.jpg

ミサワホーム浜松 建友会の皆様、ご来館ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-10-20 11:57 | 見学
本日、大和郡山市立郡山南小学校4年生の皆さんが見学に来られました。
初めの「ミニ環境クイズ大会」では、楽しく参加され、クイズ大会は大変盛り上がりました。

エコマークゾーンでは、ペットボトルからできたマグカップや、牛乳パックからできた紙ひもなど、いろいろなエコマーク商品を紹介しました。また、マークの下に、その商品の特徴が書かれていることも説明しました。
c0199047_15514222.jpg

透水性レンガコーナーでは、水が通る様子をじっくり観察されていました。また、自分たちの家や学校の周りでは、どのようなレンガが使われているのか話し合う姿も見られました。
c0199047_15525275.jpg

3Rコーナーでは、発泡スチロールの減容化ブロックについて説明すると、運ぶ時のエネルギーを減らすための方法ということに感心され、何度もブロックを触って、確認されていました。
c0199047_15530800.jpg

ミズノ株式会社では、グローブや木製バットを作るときの端材を捨てず、小銭入れやキーホルダーなどが作られていることに驚かれていました。
c0199047_15534271.jpg

コースを回られた後の「確認クイズ」では、コースでの説明をしっかり聞かれた生徒さんが多く、積極的に発表されていました。
大和郡山市立郡山南小学校4年生の皆さん、ありがとうございました。



[PR]
by ecoplaza | 2017-10-17 15:54 | 見学
10月15日(日)は「わくうき」でした。今回は「ハロウィンの帽子」作りと「ぬり絵」、そして「ボール色合わせゲーム」を楽しみました。
c0199047_10401265.jpg

「ハロウィンの帽子」作りでは、帽子に絵を描いたり、メッセージを書いたり・・・・、大人顔負けの発想豊かな作品がたくさん生まれました。ハロウィン本番の時には、ぜひかぶって遊んでくださいね。
c0199047_10331029.jpg

c0199047_10334696.jpg

c0199047_10332297.jpg

c0199047_10333477.jpg

c0199047_10335450.jpg

「ぬり絵」コーナーも今回はハロウィンシリーズにしました。家族や友だち同士で楽しそうに色を塗っている姿が印象的でした。

「ボール色合わせゲーム」は箱の中からボールを3個取り出すのですが、3つとも同じ色でそろえるか全部違えばキャンディがもらえるというものです。とてもシンプルなゲームですが大いに盛り上がり、チャレンジする度に「やった-!」とか「ざんね~ん」など、歓声が上がっていました。
c0199047_10392386.jpg

またスタンプラリーにも、たくさんのお客様がご参加くださいました。ありがとうございました。
c0199047_10383010.jpg

c0199047_10384036.jpg

c0199047_10385556.jpg


次回は11月19日(日)13:30~15:30です。楽しみにしていてくださいね。
なお11月5日(日)の「わくうき」はお休みさせていただきますが、11月3日(祝)4日(土)5日(日)に『大阪南港ATC』と『さきしまコスモタワー』で咲洲こどもフェスタが開催されますのでご参加くださいね。

[PR]
by ecoplaza | 2017-10-17 10:43 | イベント
10月12日(木)は、エイジレスセンターで開催された「高齢者・障がい者向け住宅改造相談のための研修」にご参加された方々のうち、エコプラザに関心をお持ちの方が見学にこられました。皆様とても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。

まず地球温暖化の現状について確認し、次に海面上昇や生物多様性への影響など、今後の予測についてお話ししました。特にサンゴの白化が「海の豊富な生態系の破壊にどのように関連しているか」についてお話ししました。
c0199047_10415342.jpg

すまい・省エネゾーンでは、株式会社エクセルシャノンのブースで断熱窓の性能を「伝導」「対流」「放射(輻射)」という熱の伝わり方との関係から説明しました。続いて日本板硝子ビルディングプロダクツ株式会社のブースで、真空ガラススペーシアの断熱性能をデモ機を使ってご覧いただきました。
また協立エアテック株式会社のブースで、換気の際に活用されている熱交換器の働きをデモ機を使って体感していただきました。
c0199047_10423148.jpg

株式会社ノーリツのブースではハイブリット給湯器についてご説明しました。学習機能がついているので、ライフスタイルに応じたお湯の量や温度が自動設定され、省エネ効果が高まることを中心にお話ししました。
c0199047_10424838.jpg

コドモエナジー株式会社錦城護謨株式会社のブースでは、高齢者や障がい者の誘導の際に役立つ商品をご紹介しました。
c0199047_10445202.jpg

株式会社パレットハウスジャパンミズノ株式会社のブースでは、産業廃棄物になるはずのものが、工夫次第で商品に生まれ変わることを確認いただきました。
c0199047_10441164.jpg

お忙しい中にも関わらず見学にいらした皆様、どうもありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-10-13 10:52 | 見学
10月6日 島根県立松江南高等学校の皆さんが見学に来られました。
c0199047_15210580.jpg

学習シートにそって館内見学をしました。おもしろ体感コーナーでは、白熱電球、蛍光灯、LED電球のうち一番少ないエネルギーで電気がつくのはどれでしょうか。という問題があります。皆さん答えがLED電球だということはわかっていたので、実際にどれくらい違があるのかを体感していただきました。かかるエネルギーの違いにみなさん驚いていました。
c0199047_15253495.jpg

温暖化コーナーでは、地球温暖化のしくみ、今地球がどういった状態になっているのか、このまま何も対策をせず、そのままにしておくとどういったことがおこるのか。ということをパネルにそってお話しました。皆さんとても熱心に聞いてくださいました。
c0199047_15260913.jpg

エコマークゾーンでは、エコマークについて少しお話した後、いくつかのエコマーク認定商品を実際に手に取って見ていただきました。資源リサイクルセンター株式会社松田商店の「エコマグカップ」はペットボトル、「エコひもくん」や一部の「トイレットペーパー」は牛乳パックのリサイクル商品である事をお話しました。「エコマグカップ」に関して、リサイクルする際にもエネルギーはかかっているので、長く大切に使ってほしいという思いでデザインや使い心地を工夫されているとお話しました。
c0199047_15225796.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、3つのR「リデュース・リユース・リサイクル」について、具体的な例と、優先順位があることをお話しました。皆さん頷いて聞いてくださいました。「発泡スチロールの減容化ブロック」も紹介したところ、実際に触れてみても発泡スチロールからできているとは思わなかった。と驚かれていました。
c0199047_15272734.jpg

ミズノ株式会社では、ミズノグリーングレードの商品についてお話しました。ミズノ株式会社のことは、スポーツ用品で皆さん知っていたようですが、環境のことをこんなに考えて商品を作っていることは知らなかったようでとても感心されていました。
c0199047_15280395.jpg

サラヤ株式会社では「ヤシノミ洗剤」についてや、ボルネオの現状を調査し、どういった活動をしているかということをお話ししました。他にも、JBRCの小型充電式電池の処理方法、レアメタルが入っていてそのまま処分してしまわないようにと呼びかけている団体であることをお話しました。
c0199047_15234077.jpg

島根県立松江南高等学校の皆さんありがとうございました。



[PR]
by ecoplaza | 2017-10-06 15:30 | 見学