環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2017年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

9月22日、NPO法人 すいた環境学習協会の皆様が見学に来られました。環境への関心が高く、熱心に説明を聞かれ、多くの質問もされていました。
c0199047_12072262.jpg

大阪ガス株式会社では、エネルギーの安定供給の取り組みや、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム 『エネファームtypeS』を紹介しました。エネファーム仕組みやエネルギー利用率に感心されていました。
c0199047_12075419.jpg

日立造船株式会社では、自然の力を利用して浮上する「フラップゲート式津波防波堤」について説明しました。海底設置タイプと陸上設置タイプの仕組みや施工実績などお伝えしました。
c0199047_12081132.jpg

伊東電機株式会社では、大阪府立大学の植物工場で実際使われている『自動搬送ロボット』を紹介し、トレーを運ぶロボットや高効率モーター『パワーモーラ』の動く様子を見ていただきました。機械化による利点や省エネにつながるしくみに興味をお持ちでした。
c0199047_12082836.jpg

東芝テック株式会社では、ペーパーリユースシステム『Loops』について紹介しました。実演を見ていただくと、用紙を繰り返し使う発想や、次に使える用紙と使えない用紙を自動分別される点に感心されていました。
c0199047_12084881.jpg

一般社団法人やさしいあかりでつなぐ地方創生ネットワークでは、「CCFL」を紹介しました。CCFLの歴史や特徴など説明し、実際に、光の質や当たり方などを「LED」と比較していただきました。
c0199047_12090691.jpg

NPO法人 すいた環境学習協会の皆様、ありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-09-26 12:13 | 見学
9月22日(金)堺市立東百舌鳥小学校五年生の皆様が見学にいらっしゃいました。
c0199047_14450596.jpg

温暖化のコーナーではしくみや原因、そしてどのような問題が起こってきているかをご説明すると皆さんメモを取りながら真剣に聞いてくださっていました。
c0199047_14475840.jpg

エコマークゾーンではペットボトルから出来たエコマグカップや牛乳パックから出来たエコひもくんトイレットペーパーなどを紹介しリサイクル商品の大切さをお話ししました。マグカップが2リットルのペットボトル2.5本分で出来る事に驚かれていました。
c0199047_14471391.jpg

おもしろ体感コーナーでは電球の種類によって必要なエネルギーの違いを実際に体感していただきました。手回し発電機を一生懸命回されていたのが印象的でした。
c0199047_14461625.jpg

保水透水性レンガのコーナーでも生徒さんに実験に参加して頂くと、それじれのレンガの違いを分かりやすく説明してくださいました
c0199047_14510903.jpg

3Rのコーナーでは、既に学校で学ばれたようでリデュース、リユース、リサイクルを元気に答えていただきました。また発泡スチロールの減容化ブロックを何度も触っておられました。
c0199047_14514566.jpg

ミズノ株式会社のブースではグローブや木製のバットを作るときの端材を捨てずにお財布やキーホルダーなどが作られていることに驚かれていました。
c0199047_14482696.jpg

サラヤ株式会社のブースでは、環境の事を考え作られた植物由来のパーム油を使ったヤシノミ洗剤の説明をさせて頂きました。
c0199047_14505032.jpg

一般社団法人JBRCのブースでは小型充電式電池を回収する必要性について説明させていただくと熱心に耳を傾けてくださっていました。
c0199047_14492689.jpg

堺市立東百舌鳥小学校五年生の皆様、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-09-22 14:53 | 見学
9月21日(木)は、大阪市城東区女性団体協議会の皆さんが、見学にいらっしゃいました。
皆さん環境に関することに興味をもっておられたようで、スタッフの話を真剣に聞いてくださいました。
まずはじめに温暖化についてパネルを使ってご説明させていただきました。なぜ地球上に二酸化炭素が増えたか、二酸化炭素を減らすためにはどのような事をすればよいのか等をより知ってもらえたことと思います。もしこのまま地球温暖化を防ぐことをしなければ、今世紀末には気温がなんと4.8℃も上がってしまうかもしれない。。。という事に大変驚いておられました。
c0199047_14361513.jpg

また、私たちにも二酸化炭素の排出量を減らすことができるという「エコアクション」について、ご自宅ですぐに出来ることがたくさんあることをお伝えしましたところ、二酸化炭素の排出量を減らすだけでなく、省エネも実現出来、更にはお財布に優しいという事に関心を持っていただけました。
c0199047_14365052.jpg

3Rのコーナーでは、3Rは優先順位が大切であることや、皆さんが日常生活で何気なくやっている事が3Rにつながっているという事をご説明させていただきました。日本人が平均して1日に約1キロのゴミを出していることや、出しているゴミの約6割が容器包装である事を知って、とても驚いておられました。身近にやっていた事を例に挙げご説明させていただきましたところ、分かりやすくて良いと言っていただけました。
c0199047_14373277.jpg

また、発泡スチロール減容化ブロックが特殊なリサイクル方法の過程で出来るブロックであることをお伝えし、普段の生活では見ることの出来ないブロックですので皆さんに触っていただきました。ブロックにすることで輸送コストが大幅に削減出来、更に人件費を少なく出来ることもお伝えしました。
c0199047_14394983.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、ミズノ独自の環境に配慮した商品の「グリーングレード」や、「ゼロ・エミッション」という取り組みを紹介させていただきました。
ミズノさんが環境の事を考えて商品を作っていることにとても驚いておられました。
c0199047_14375117.jpg

一般社団法人JBRCのブースでは、小型充電式電池の回収をしていることをお伝えしました。今まで充電出来なくなった小型家電を充電式電池が入ったまま捨てていた方もいらっしゃったので、今後リサイクルに参加していただくようお願いをしました。
c0199047_14380614.jpg

大阪市城東区女性団体協議会の皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-09-22 14:40 | 見学
9月20(水は、『株式会社日本ネットワークサポート』からCSR研修を兼ねて見学にいらっしゃいました。皆さん、とても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。
エコマークゾーンでは、マークの意味とエコマーク商品として認証されるのに必要な要件について説明しました。特に商品のライフサイクル全体でチェックされることを強調しました。また最近は、ホテル・旅館業やカーシェアリングなどのサービスや、PETボトルからアンモニアを製造するプロセスもエコマークの認証対象になってきていること、などについてお伝えしました。
c0199047_10552773.jpg

関西電力株式会社のブースでは、再生可能エネルギーの取組やリサイクルの実績を中心に説明しました。お越しになった方々は関西電力株式会社の関連会社ということもあり、とても熱心にお聴きになっていました。
c0199047_10555246.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、物流業界における実績についてお話しました。
次にパワーモーラーの応用例として植物工場の概要を解説し、自動化された無人植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。①省エネ・省資源を図ることができる、②段数を多くすることで単位面積当たりの収穫量を増やすことができる、③搬送ロボットを制御することで運搬の効率化を図ることができる、などを説明しました。
c0199047_10561262.jpg

すまい・省エネゾーンでは、株式会社エクセルシャノンのブースで各種断熱ガラスやサッシの性能を実演装置で確認していただきました。1枚ガラスと3枚ガラスとの断熱性能の違いを見ていただきましたが、大きな違いがあることに驚いておられました。さらに複層ガラスの遮音効果の大きさも実演装置を使って体感いただきました。
c0199047_10571004.jpg

また日本板硝子ビルディングプロダクツのブースで、コールドスプレーを使って真空二重ガラス窓「スペーシア」の断熱性能の高さを見ていただきました。

循環型社会形成推進ゾーンでは同基本法と3Rについて確認した後、発泡スチロールの減容化ブロックの意義について説明しました。
c0199047_10574382.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、古い木製のパレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。この事例から、「もう使えない」と思えるようなモノでも、アイデア次第で立派な商品に生まれ変わることをご理解いただけたと思います。
c0199047_10580598.jpg

以上の他にも、コニカミノルタ株式会社日立造船株式会社第一コンテク株式会社株式会社一条工務店株式会社アイザックのブースをご案内しました。
「株式会社日本ネットワークサービス」の皆さん、どうもありがとうございました。本日の経験が、今後のCSR活動や日常業務に役立ちますよう願っています。

[PR]
by ecoplaza | 2017-09-22 11:03 | 見学
9月17日(日)はわくわくワークショップ&うきうきスタンプラリーを開催しました。
台風接近でお天気も心配される中、たくさんのお友達が参加してくださいました。

今回のワークショップは、牛乳パックで作る「ブンブンゴマ」を作っていただきました。
作り方は、牛乳パックにお気に入りの絵を書いて穴に紐を通して出来上がり。
コツをつかむまではなかなか回せなかったお友達も気づけばブンブン上手に回されていました。
アイデアいっぱいの絵の可愛いブンブンゴマが出来上がりました。
c0199047_10435447.jpg

c0199047_10441678.jpg

スタンプラリーでは3カ所のクイズに挑戦。お友達同士や親子でヒントを参考に一生懸命考えておられました。
c0199047_10455222.jpg

c0199047_10470102.jpg

c0199047_10473943.jpg

ゴールでは素敵な景品を前にどれにしようか迷われている姿が印象的でした。
c0199047_10480107.jpg

次回は10月1日(日) 13:30~15:30開催予定です。
参加してくださいました皆様、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-09-22 10:49 | イベント
9月15日(金)は、大阪府高齢者大学校 世界の文化に親しむ科の皆さんが、見学にいらっしゃいました。
皆さん環境のことを大変勉強しておられて、スタッフの話を真剣に聞いてくださいました。
たくさんの質問をしていただいたり、真剣にメモを取っている様子がとても印象的でした。
c0199047_14471487.jpg

エコマークゾーンでは、世界で2番目につけられた環境ラベルであることや、マークに込められた意味についてお話しました。そして、エコマークを取得するためには、大変厳しい基準をクリアしなければならないこともご説明しました。
エコマークのついた商品や製造プロセスなどの例や、サーモス(株)、昭和電工(株)、(株)タカラトミー、(株)モリオト、西日本衛材(株)などをご案内しました。
c0199047_14474614.jpg

3Rのコーナーでは、3Rは優先順位が大切であることや、皆さんが日常生活で何気なくやっている事が3Rにつながっているという事をご説明させていただきました。1日に1キロのゴミを出していることや、出しているゴミの約6割が容器包装である事を知って、とても驚いておられました。なかでも、過剰包装を断ることがリデュースである事に大変感心を持って頂きました。また、発泡スチロール減容化ブロックが特殊なリサイクル方法の過程で出来るブロックであることをお伝えし、普段の生活では見ることの出来ないブロックですので皆さんに触っていただきました。ブロックにすることで輸送コストが大幅に削減出来、更に人件費を少なく出来ることもお伝えしました。
c0199047_14484004.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、木製の使用済みパレットが家具に生まれ変わることをお伝えしました。廃棄物になっていた廃パレットが生まれ変わって実際に飲食店等で使われていることにたいへん興味を持っていただいたようです。
c0199047_14491146.jpg

阪神高速道路株式会社のブースでは、使用済み横断幕から作られた子ども向けバッグの「リッピ」をご紹介しました。年間400枚ほど廃棄されていた横断幕が使われている旨や、過酷な環境下で使われていた横断幕だからこそ丈夫でしっかりしているバッグに生まれ変わるという事に大変驚いておられました。
c0199047_14493085.jpg

大阪府高齢者大学校 世界の文化に親しむ科の皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-09-15 14:53 | 見学
9月14日(木)大阪府高齢者大学校 歴史学古代科の皆様が見学にいらっしゃいました。
エコマークゾーンでは資源リサイクルセンター株式会社松田商店のペットボトルから出来たエコマグカップを紹介し、リサイクル商品の大切さをお話ししました。またタカラトミーのおもちゃ業界で初めてエコマークがついたエコレールや橋脚などを見ていただきました。身近にあるおもちゃでとても興味深くお聞きになられていました。
c0199047_11551690.jpg

住まい省エネゾーンでは株式会社エクセルシャノンのシャノンウインドなど断熱性の高い窓のご紹介をさせて頂きました。ラジオメータを使っての断熱性の違いを体感して頂くとその違いに感心されていました。
c0199047_11554936.jpg

3Rのコーナーでは優先順位が大切である事や発泡スチロールの減容化ブロックが特殊なリサイクル方法の過程で出来るブロックである事をお伝えしました。皆さん何度も触っておられました。
c0199047_11562611.jpg

環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社のENOや株式会社一条工務店の木質耐震シェルーターなどをご紹介し災害に備えて準備しておく事の大切さをご理解頂き熱心に聞いてくださいました。
c0199047_12090103.jpg

どのブースでもスタッフの説明に熱心に耳を傾けてくださっていました。
大阪府高齢者大学校の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-09-15 12:11 | 見学
9月13日 認定NPO法人シニア自然大学校の皆さんが見学に来られました。
環境に関する講義&クイズ大会をするグループと、館内を見学するグループに分かれてスタートしました。クイズでは、皆さんで熱心に相談し答えを出されていました。とても盛り上がりました。
c0199047_16375681.jpg

温暖化コーナーでは、地球温暖化によって今地球がどういった状態になっているのか、このまま何も対策をせず、そのままにしておくとどういったことがおこるのか。ということをパネルにそってお話しました。皆さんとても熱心に聞いてくださいました。
c0199047_16383735.jpg

エコマークゾーンでは、エコマークについて少しお話した後、いくつかのエコマーク認定商品を実際に手に取って見ていただきました。その中でも資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップに興味を持たれていました。リサイクルする際にもエネルギーはかかっているので、長く大切に使ってほしいという思いでデザインや使い心地を工夫されているとお話しました。
c0199047_16392098.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、府立大学と共同開発された植物工場の一部の展示を実際に見ていただきました。植物工場はご存じの方が多かったのですが、ここまで機械化が進んでいることに驚かれていました。LED電球やパワーモーラーを使用することによって、省エネで効率よく植物が作れることもお話しました。
c0199047_16400521.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、3つのR「リデュース・リユース・リサイクル」について、具体的な例と、優先順位があること、そして皆さんにもできそうなことがあれば実践してみてください。と、お話しました。皆さん頷いて聞いてくださいました。「発泡スチロールの減容化ブロック」も紹介したところ発泡スチロールからできていることに驚かれていました。
c0199047_16405368.jpg

環境防災ゾーンでは、お手伝いバンダナ&医療バンダナや、株式会社アイザックの「ゆれポート」、第一コンテク株式会社の「ENO」を紹介しました。これから将来とても高い確率で大規模な地震が起きると言われているので、できる準備はしておく方がいいですね。と、お話しました。中には自宅で地震や災害に備えて準備されている方もおられました。
c0199047_16412389.jpg

c0199047_16445118.jpg

認定NPO法人シニア自然大学校の皆さんありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-09-13 16:46 | 見学
9月12日、大阪府高齢者大学校 IT初級パソコン教室の皆様が見学に来られました。
エコマークゾーンでは、エコマーク認定基準が商品のライフサイクル全体を考慮して作成され、色々な段階で細かくチェックされていることを説明しました。
c0199047_16252216.jpg

「3Rコーナー」では、リデュース、リユース、リサイクルについて、例を出しながら説明しました。リデュース、リユースは既に多くの方が取り組んでいる事、リサイクルはゴミの分別が大切である事を再確認していただきました。また、「3R」の中の優先順位もお伝えしました。
c0199047_16260718.jpg

東芝テック株式会社では、ペーパーリユースシステム「Loops」について紹介しました。実演を見ていただくと、用紙を繰り返し使う発想や、次に使える用紙と使えない用紙を自動分別される点に感心されていました。
c0199047_16274016.jpg

阪神高速道路株式会社では、阪神高速で使われた「横断幕」から作られた子ども向けバッグ『リッピ』を紹介すると、「防水性が高いので良い」「丈夫」「色が目立つので安全」などのお声をいただきました。
c0199047_16264976.jpg

環境・防災ゾーンでは、株式会社一条工務店の「木質耐震シェルター」や、第一コンテク株式会社の「造水手動浄水器」、株式会社アイザックの「高度利用者向け緊急地震速報受信機」など紹介しました。それぞれの特徴に大変興味をもたれて、災害が起こる前に色々な準備ができることを再確認していただきました。
c0199047_16282473.jpg

大阪府高齢者大学校 IT初級パソコン教室の皆様、ありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-09-12 16:30 | 見学

韓国ポリテク大学 様

今日は、「韓国ポリテク大学」の方々が見学に来られました。大学の研修で来日されたそうです。鋭いご質問の連発で、スタッフの私も冷や汗をかきながらのご案内となりましした。
c0199047_15595701.jpg

環境・CSR報告書ゾーンで報告書を読むポイントについて解説しました。皆さん、かなり勉強されていて「CSRとCSVの意味と、それぞれの違いについてどう思いますか?」など、鋭い質問をいただきました。知識を総動員してお応えしたところ、しっかり納得されたようで安心しました。
c0199047_16002568.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、その応用例として植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。「無人化することで人を原因とする汚染がなくなる」、「段数を多くすることで単位面積当たりの収穫量を増やすことができる」、などを説明しました。
c0199047_16005363.jpg

コニカミノルタ株式会社のブースでは、同社の環境経営の取り組みについて詳しく説明しました。PETとPCをブレンドしたポリマーアロイについてご説明したところ、専門が近いということもあって目を輝かせてお聴きになっていました。また16枚の原稿をA4用紙1枚(両面で)に集約する実演をしましたが、画質の鮮やかさと紙のリデュース性能の高さに驚いておられました。
c0199047_16011835.jpg

3Rゾーンでは、日本の廃棄物対策の取り組みについて説明しました。特にリデュース、リユース、リサイクルの順番で優先順位が高い理由と、その意義について説明しました。ここでも「循環型社会形成推進基本法をどのようにして啓発しているのですか?」など、予想外のご質問をいただきました。
c0199047_16014631.jpg

韓国西部ポリテク大学の皆さん、貴重な時間を共有することができて光栄です。どうもありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-09-12 16:03 | 見学