環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

恐竜スタンプラリー

7月25日(火)から、ATCホールにて、マンダイプレゼンツ≪メガ恐竜展2017≫が開催されました。連日たくさんのお客様にお越しになっていただき、大変にぎわっています。そして、この≪メガ恐竜展2017≫の開催期間中は、恐竜スタンプラリーも同時開催されています。こちらのほうも連日多くの方にご参加いただいております。エコプラザでは、ディプロドクスという名の恐竜スタンプを押していただき、最後ゴールで景品をお渡ししています。
c0199047_16391198.jpg


c0199047_16394804.jpg


また、企画展示ゾーンでは、子供たちに大人気の牛乳パックの積み木や電気自動車に乗って写真を撮ってもらったりして楽しんでもらっています。
c0199047_16400326.jpg
恐竜スタンプラリーは、9月3日(日)まで(月曜日はお休みです。)開催しますので、是非またご参加ください。

[PR]
by ecoplaza | 2017-07-30 16:47 | イベント

「学びロボ in Osaka 2017」

教育向けロボットイベント「学びロボ in Osaka 2017がエコプラザで開催されました。「学びロボ inOsaka 2017」は関西発信のイベントであり、小学生を対象としたロボット・プログラミング教育の普及支援プログラムの一環として、国内・海外の企業や教育機関と連係して行われています。

午前には、◎めざせ!ロボリンピック 小学生の発表会が行われました。

c0199047_13144260.jpg


別会場では、Let‘s DRONE ドローンレーサー体験飛行!プログラミング体験飛行!が行われ、参加者の子供たちは皆、ドローンの初飛行体験に夢中になっていました。

c0199047_13151148.jpg

c0199047_13141914.jpg

また、午後には、◎先生向けの3Dプリンター講義や、◎ものづくり企業展示見学も行われました。


c0199047_13481587.jpg

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。




[PR]
by ecoplaza | 2017-07-30 14:56 | イベント
6月18日(日)は、認定NPO法人シニア自然大学校 自然と文化科の皆さんが、見学にいらっしゃいました。
c0199047_16242370.jpg

皆さん環境のことを大変勉強しておられて、スタッフの話を真剣に聞いてくださいました。たくさんの質問をしていただいたり、真剣にメモを取っている様子がとても印象的でした。
エコマークゾーンでは、世界で2番目につけられた環境ラベルであることや、マークに込められた意味もお話しました。そして、エコマークを取得するためには、大変厳しい基準をクリアしなければならないこともご説明しました。エコマークのついた商品や製造プロセスなどの例や、ホテルのサービスを紹介し、昭和電工株式会社株式会社タカラトミー株式会社モリオト西日本衛材株式会社などをご案内しました。
c0199047_16253136.jpg

3Rのコーナーでは、3Rは優先順位が大切であることや、皆さんが日常生活で何気なくやっている事が3Rにつながっているという事をご説明させていただきました。1日に1キロのゴミを出していることや、出しているゴミの約6割が容器包装である事を知って、とても驚いておられました。また、発泡スチロール減容化ブロックが特殊なリサイクル方法の過程で出来るブロックであることをお伝えし、普段の生活では見ることの出来ないブロックですので皆さんに触っていただきました。ブロックにすることで輸送コストが大幅に削減出来、更に人件費を少なく出来ることもお伝えしました。
c0199047_16255199.jpg

大栄環境株式会社のブースでは、産業廃棄物の収集運搬から最終処分、更には跡地利用まで一貫して行っている会社である事をご紹介しました。収集の段階であらかじめ分別しておくことや、中間処理の各種処理施設でどのようなものがどんな資源になるかもご紹介しました。併せて一般廃棄物と産業廃棄物の違いについてもご説明しました。
c0199047_16262886.jpg

東芝テック株式会社のブースでは、ペーパーリユースシステム「Loops」をご紹介しました。フリクションペンの原理を応用した熱で消えるトナーインクを使用したコピー機であることや、印刷した用紙を繰り返し使えるように出来ること、トナーの定着温度が低いことで省エネであること、次に使える用紙とそうでない用紙が自動分別されて出てくるという事にたいへん興味をもたれたようです。併せて分別と選別の違いについてもご説明しました。
c0199047_16270575.jpg

認定NPO法人シニア自然大学校 自然と文化科の皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-07-28 16:42 | 見学
7月21日(金)は「株式会社博洋エンジニアリング」の方々が見学にいらっしゃいました。、皆さん、環境関連のお仕事をしておられるとのこと。とても熱心に耳を傾けてくださいました。
c0199047_16014545.jpg

エコマークゾーンでは、マークの意味とエコマーク商品として認証されるのに必要な要件について説明しました。特に商品のライフサイクル全体でチェックされることを強調しました。また「資源リサイクルセンター株式会社松田商店」のペットボトルをリサイクルしてできたマグカップをご覧いただき、リサイクル商品のあるべき姿を考えていただきました。
c0199047_16103410.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、その応用例として、自動化された無人植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。無人化することで人件費を削減できると共に、人を原因とする汚染がなくなる、段数を多くすることで単位面積当たりの収穫量を増やすことができる、搬送ロボットを制御することで運搬の効率化を図ることができる、などを説明しました。
c0199047_16035942.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、3Rの優先順位と日本の環境法の体系について説明しました。さらに小型家電リサイクル法によって回収された機器から出てくる小型充電式電池の受け入れ先である一般社団法人について解説し、ブースにご案内しました。
c0199047_16044797.jpg

株式会社パレットハウスジャパンミズノ株式会社のブースでは、産業廃棄物になるはずのものが、工夫次第で商品に生まれ変わることを確認いただきました。
c0199047_16055508.jpg

環境防災ゾーンでは最初に環境と防災との関連についてお話しし、株式会社アイザックの「造水手動浄水器」や株式会社アイザックの緊急地震速報受信機「ゆれぽーと」について解説しました。以上の他にも、コニカミノルタ株式会社のブースで紙のリデュース機能を、東芝テック株式会社のブースで紙のリユースシステムを実演によって確認していただきました。
c0199047_16084656.jpg

なお今回、ご出展いただいている株式会社インターアクション様に、展示品のご説明をしていただきました。
株式会社博洋エンジニアリングの皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by ecoplaza | 2017-07-21 16:13
7月20日(木)、三田市フラワー地区民生委員児童委員協議会の皆様が見学に来られました。
伊東電機株式会社のブースでは、大阪府立大学と提携して開発された植物工場をご紹介しました。植物工場のメリットデメリットを説明し、コンベア部分に使われているパワーモーラの省エネ性と世界でシェア70%占めていることを説明したところ大変驚かれていました。
c0199047_11321420.jpg


3Rのコーナーでは、発泡スチロールの減容化ブロックをさわってもらい、海外でプラスチック製品にリサイクルされることや、輸送時の燃料コスト削減とともに二酸化炭素排出の軽減につながることを説明しました。

c0199047_11331405.jpg

環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社の<ENOイーノ>をご紹介しました。災害時に役に立つ「造水手動浄水器」は、MF膜・UF膜・RO膜が優れた除去能力を発揮し、自転車の空気入れをするくらいの力で飲料水を作る事ができることを説明すると、熱心にパネルをご覧になっていました。
c0199047_11345808.jpg

エコマークゾーンでは、茶殻を利用した伊藤園さんの商品をご紹介しました。廃棄物になるはずの茶殻を再活用する取り組みにとても感心されていました。
c0199047_11370469.jpg

サラヤ株式会社のブースでは、ボルネオ島での環境保全活動を知っていただき、東芝テック株式会社の<Loops>の実演では、パイロット社のフリクションペンのインクトナーを応用したコピーの仕組みを説明しました。
c0199047_11375905.jpg
一般社団法人JBRCのブースでは、使用済みの小型充電式電池にスリーアローマークがついているものは、回収してリサイクルされる希少金属が含まれている事をご理解いただきました。
どのブースでも熱心に説明をお聞きくださり、ご質問も多くいただきました。
三田市フラワー地区民生委員児童委員協議会の皆様、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-07-21 11:40 | 見学
7月19日(水)は中国甘肅康輝旅行社 親子ツアーの皆様が見学に来られました。熱心に説明を聞かれ、多くの質問もされていました。
エコマークゾーンでは、エコマーク認定基準やいろいろなエコマーク商品を紹介しました。また、世界の環境ラベルコーナーで、中国の「環境ラベル」をご覧になると、「環境ラベル」が付いている商品を思い出していらっしゃいました。
c0199047_11074253.jpg

コニカミノルタ株式会社では、『bizhub』の「8in1」機能を見ていただきました。用紙代、電気代が8分の1になるだけではなく、コピーの速さと鮮明さを確認していただきました。
c0199047_11125731.jpg

東芝テック株式会社では、ペーパーリユースシステム『Loops』の文字を消して用紙を再利用する発想に大変驚かれていました。また、再びコピー用紙として利用できる用紙と利用できない用紙に自動分別されることにも感心されていました。
c0199047_11112927.jpg

環境・防災コーナーでは、「造水手動浄水器」、「木質耐震シェルター」、そして「マンホール直結型トイレ」を紹介しました。それぞれの商品に関心が高く、「このような物を準備しておくと安心ですね。」とのお声をいただきました。
c0199047_11135789.jpg

最後に、「手回し発電器」を使って、白熱電球、蛍光灯、LED電球の省エネ比較実験をしていただきました。手回し発電器を一生懸命回す姿が印象的でした。
c0199047_11142762.jpg

中国甘肅康輝旅行社 親子ツアーの皆様、ありがとうございました。
[PR]
by ecoplaza | 2017-07-21 11:18 | 見学
7月16日(日)、恒例の『わくわくワークショップ&うきうきクイズスタンプラリー』が開催され、たくさんの方に参加して頂きました。
今回のワークショップのメニューは、『牛乳パックでつくる どうぶつ(ぞう・いぬ)』と『ぬりえ』、そして『ゲーム』です。
『牛乳パックでつくる どうぶつ(ぞう・いぬ)』は、牛乳パック1本でできることにこだわるエコプラザスタッフのオリジナル作品です。前足をあげて立ち上がり、かわいいポーズをする点が工夫されています。皆さん、とてもかわいい動物たちが出来上がりました。
c0199047_16310347.jpg

c0199047_16554203.jpg

c0199047_16315834.jpg

c0199047_16324348.jpg

c0199047_16332747.jpg


また、出来上がった動物たちで「トントンすもう大会」を開催しました。トーナメント戦による勝ち抜き戦です。自分の動物が落ちないように台をたたいていました。「どうぶつトントンすもう大会」は大変盛り上がりました。
クイズスタンプラリーでは、家族や友だちと相談しながら3か所の問題を答えていただきました。

c0199047_16574279.jpg

c0199047_16585286.jpg

c0199047_16350073.jpg

c0199047_16594774.jpg

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

★★お知らせ
8月と9月3日の「わくわくワークショップ&うきうきクイズスタンプラリー」はお休みとさせていただきます。
次回は9月17日(日)になります。楽しみにしていてくださいね。

なお7月25日から9月3日まで「恐竜スタンプラリー」を開催します(月曜日を除く)。
こちらもご参加くださいね。
[PR]
by ecoplaza | 2017-07-20 16:36 | イベント
7月15日(土)は「大阪環境カウンセラー協会」の方々が見学にいらっしゃいました。さすが環境の専門家の方ばかりで鋭い質問もありドキッとしましたましたが、とても有意義な時間になりました。
■すまい・省エネゾーン
断熱窓について概略をご紹介した後、株式会社エクセルシャノンのブースで各種断熱ガラスやサッシの性能を実演装置で確認いただきました。1枚ガラスと3枚ガラスとの断熱性能の違いを見ていただきましたが、大きな違いがあることに驚いておられました。さらにトリプル(3枚)ガラスの遮音効果の大きさも実演装置を使って体感いただきました。
c0199047_15225070.jpg

日本板硝子ビルディングプロダクツのブースで、コールドスプレーを使って真空二重ガラス窓「スペーシア」の断熱性能の高さを見ていただきました。
協立エアテック株式会社のブースでは、暖気と冷気がフィルターを介して熱交換される様子をモデル機を使って全員に体験していただきましたが、効果の大きさに感心されていました。
株式会社ノーリツのブースでは、ハイブリッド給湯・暖房システムをご覧いただきました。家庭の実情に応じて貯湯量を調整する学習機能や冷媒の工夫などを解説しましたが、行き届いた省エネや使い勝手の配慮に感心されていました。
c0199047_15244275.jpg

■食と環境ゾーン
伊東電機株式会社のブースでは、まず同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、その応用例として植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。無人化することで人件費を削減できると共に、人を原因とする汚染がなくなる、段数を多くすることで単位面積当たりの収穫量を増やすことができる、搬送ロボットを制御することで運搬の効率化を図ることができる、などを説明しました。
c0199047_15262594.jpg

■循環型社会形成推進ゾーン
循環型社会形成推進基本法と3Rについて確認した後、同法でリデュース、リユース、リサイクル、サーマルリカバリー、適正処理の順に優先順位が高く設定されていて、天然資源の過剰な消費を抑え、埋立地への最終処分量を減少させる目的があることを説明しました。
c0199047_11003527.jpg

次に小型家電リサイクルの実施によって出てくる小型充電式電池の受け入れ先として、一般社団法人JBRCをご紹介しました。そしてその仕組みを解説しましたが、「専門に近い人でも知らない人が多いので、さらに周知徹底したいですね」と仰っていました。
c0199047_15311301.jpg

その他、ミズノ株式会社のブースで超臨界二酸化炭素による染色技術(ドライ・ダイ)で作られたTシャツを見ていただいたり、エコマークゾーンでは、その仕組みやペットボトルを再生してできたマグカップをご覧いただきました。
環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社の「造水手動浄水器」や株式会社アイザックの「緊急地震速報受信機ゆれぽーと」をご紹介しました。
また東芝テック株式会社コニカミノルタ株式会社のブースではコピー機(複合機)の実演を行い、それぞれ紙のリユースとリデュースに大いに貢献することを確認していただきました。
c0199047_15301551.jpg

c0199047_15341829.jpg

「大阪環境カウンセラー協会」の皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by ecoplaza | 2017-07-20 15:44 | 見学
7月13日(木)は、関西大学第一中学校2年生の皆さんが見学に来られました。
皆さんとても元気にご来場されました。スタッフの説明を熱心に聴いて、またスタッフからの質問にもハキハキと答えてくれました。
地球温暖化コーナーでは、温暖化の仕組みを電気の使用量と石油などの化石燃料に関連させて説明しましたが、「省エネが地球温暖化の防止に役立つ」ことをしっかり理解いただけたようです。続いて生物多様性について、その意味や生態系が崩壊している原因について学習しました。
c0199047_11134562.jpg

エコマークゾーンでは、エコマークの意味やどんな商品につけることができるのかについて学習しました。またいろんなエコマーク商品を見ていただきましたが、資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップを見て、「(デザインが)かわいい!」という声があちらこちらから聞こえてきました。
c0199047_11140836.jpg

3Rゾーンでは、リデュース、リユース、リサイクルについて具体的に例をあげて説明することで、より理解を深めました。発泡スチロールの減容化ブロックがガソリンなど燃料消費量の大幅な削減につながることを知って、大変驚かれていました。
c0199047_11190084.jpg

保水・透水性レンガについては、レンガに水をかける実験を行うことで、洪水リスクが小さくなるだけでなく、ヒートアイランド現象の緩和にも役立つことを理解していただきました。
c0199047_11150778.jpg

一般社団法人JBRCのブースでは、小型充電式電池を回収する必要性について説明しました。事前学習で充電式電池について調べられたそうですが、「内容について具体的に見ることができて、さらに理解が深まった」という感想を多くいただきました。
c0199047_11200337.jpg

サラヤ株式会社のブースでは、ヤシノミ洗剤が環境にやさしい理由とボルネオでの取り組みについて説明しました。特に熱帯林(生物多様性)を守ろうとする取り組みに、感心した人が多かったようです。
c0199047_11152142.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、同社が環境保全に熱心に取り組んでいることを説明しました。またグラブやバットを作る際に出る「捨てられるはずの切れ端」が、小銭入れやキーホルダーとして活かされることを見ていただきました。
c0199047_11183755.jpg

環境防災ゾーンでは、最近の温暖化(気候変動)に伴う台風や豪雨、また大地震による家屋の倒壊や津波などに備えるための商品をいくつかご紹介しました。中でも避難所などでバンダナを使って意思表示する方法は、シンプルですが目からウロコの体験だったようです。
c0199047_11155582.jpg

その他、「エコマークについての学習」、「水耕栽培を発展させた植物工場の見学」、「白熱電球・蛍光灯・LED電球の消費電力(使用エネルギー)の違いを実感する体験学習」などを行いました。
関西大学第一中学校の皆さん、どうもありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-07-15 11:22 | 見学

ゆうの会 様

7月8日(土)ゆうの会の皆さんが見学に来られました。
エコマークゾーンでは、エコマークについてのお話をし、実際にエコマークがついている製品やサービスを見ていただきました。他にもグリーン購入法についてのお話もしました。ペットボトルからできているリサイクル商品、資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップについては、デザインや丈夫さに皆さん驚かれていてとても気に入っておられました。
c0199047_11292718.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、大阪府立大学と共同開発された植物工場について、植物工場の機械化が進んでおり最近とても注目されていることや、省エネも考えられており他にも利点があることをお伝えすると、とても興味を持たれていました。
c0199047_11295169.jpg

株式会社エクセルシャノンでは、家の中で快適に過ごす為には、どれほど窓が重要かということを、実際にラジオメーター等を使ったり手をかざしたりして実感していただきました。最近の製品の進歩に感心されていました。
c0199047_11301072.jpg

株式会社ノーリツは皆さんよくご存じでした。新しく販売されたハイブリッド給湯器に関して、ガスと電気の利点をいかしていること、環境のこともしっかり考えられていること、他にも学習機能がついていることをお話しました。
c0199047_11303155.jpg

3Rのブースでは、3Rの説明とともに3Rには優先順位があることや、特殊なリサイクルとして「減容化ブロック」を紹介させていただきました。
c0199047_11321498.jpg

東芝テック株式会社では、パイロット社と協同開発された複合機「Loop’s!」の紙のリユースついてお話しながら実際に見ていただきました。皆さん大変驚かれていました。
c0199047_11323882.jpg

ミズノ株式会社では、環境に配慮された商品作りのお話や「ゼロエミッション」についてお話しました。
c0199047_11325533.jpg

ゆうの会の皆さんありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-07-11 11:35 | 見学