環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:見学( 539 )

3月28日(火)香港浸会大学付属学校 王錦輝中小学の皆さんが来られました。
地球温暖化について、パネルを使ってご説明しました。100年で急激に上昇している平均気温。特にこの50年の上昇は、私たちが原因と言われています。このまま対策をしないと。今世紀末には平均で4.8度上がると予想されています。水不足、食糧難。海水上昇。様々な問題が懸念されることを、お話ししました。
c0199047_16310031.jpg

エコマークのゾーンでは、日本のエコマークと、香港の「グリーンラベル」も見ていただきました。
日本では、5700商品が取得していますが、その審査基準の厳しさもご紹介しました。
c0199047_16313792.jpg

大阪府立大学と、伊東電機株式会社の共同開発。植物工場を見て頂きました。環境に左右されずに計画的に作ることができるので、安定供給という特徴や、洗わずに食べられるという点では、水不足にも対応できることを知って頂きました。
c0199047_16315749.jpg

「3R」のゾーンでは、日本だけでなく、多くの国が取り組んでいる、「リデュース」「リユース」「リサイクル」についてご紹介しました。香港では、現在焼却炉は稼働しておらず、「埋める」「リサイクル」で処理するそうです。リサイクルには、エネルギーがかかるので、できるだけ、ゴミを減量することが大切だということをお話ししました。
c0199047_16324180.jpg

香港浸会大学付属学校 王錦輝中小学校の皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-03-28 16:33 | 見学

Linkふかい 様

3月25日、Linkふかいの皆さんが見学に来られました。
3Rコーナーでは、発泡スチロールの減容化ブロックについて説明しました。1本9㎏のブロックを持って、重さを何度も確認されていました。
c0199047_16030101.jpg

すまいの省エネコーナーでは、1枚ガラスと2枚ガラスの熱の伝わり方を比較してもらいました。皆さん、違いに大変驚かれていました。
c0199047_16032989.jpg

NTT西日本のブースでは、テレビ電話を体験されました。テレビ電話がつながり相手の顔がはっきり映ると、歓声が上がりました。
c0199047_16040644.jpg

エコマークゾーンでは、いろいろなエコマーク商品を紹介しました。
プラレールの緑色のレールに興味をもたれていましたので、プラスチックの再利用により作られ、おもちゃの中で初めてエコマークが付けられた事を説明しました。
c0199047_16043087.jpg

見学後、ATCスタンプラリーに楽しく参加されていました。
Linkふかいの皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-03-25 16:07 | 見学

韓国平澤市役所 様

3月21日、韓国平澤市役所の皆様が見学に来られました。短い見学時間でしたが、熱心に説明を聞かれ、多くの質問もされていました。
c0199047_10075482.jpg

東芝テック株式会社では、ペーパーリユースシステム「Loops」の実演を見ていただきました。文字を消して用紙を再利用する発想に大変驚かれていました。再びコピー用紙として利用できる用紙と利用できない用紙に自動分別されることにも感心されていました。
c0199047_10083931.jpg

3Rコーナーでは、発泡スチロールの減容化ブロックを紹介し、運送時にかかるエネルギーを減らすために行っていることを説明しました。何度も持ち上げて重さを確認されていました。
c0199047_10093156.jpg

それから、グループ別に伊東電機株式会社や環境・防災コーナーを案内しました。
伊東電機株式会社では、『自動搬送ロボット』で使われている高効率モーター『パワーモーラ』の説明をしました。ローラーの中にギアとモーターを入れ、単独で回転する事に大変興味を持たれていました。また、センサーが察知してローラーが動き出し、前のトレーが止まると後続のトレイも止まる事に感心されていました。
c0199047_10095770.jpg

環境・防災コーナーでは、『お手伝いバンダナ&医療バンダナ』紹介しました。このバンダナによって、安心してサインを発信することができる事をお伝えしました。
c0199047_10102277.jpg

韓国平澤市役所の皆様、ありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-03-25 10:13 | 見学
3月15日(水)は、韓国の「サンジュ市庁」から30名の方が見学に来られました。
皆さんの学ぶ姿勢が素晴らしく、スタッフの説明を熱心にお聞きになっていました。
c0199047_10592883.jpg

エコマークゾーンでは、エコマーク商品として認証されるのに必要な要件について説明しました。エコマークはエコラベルの一種であり、「世界エコラベリングネットワーク(GEN)」に加入していることをお話ししました。そして、各国のエコラベルのデザインを見ていただきました。次に国家間でエコラベルの相互認証が進んできていることをお伝えしました。
c0199047_10573789.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず植物工場の全体像を説明し、「なぜ必要か」「メリット」「今後の課題と対策」についてお話ししました。また、「省エネがどんどん進んできていること」「水の消費が少なくなる」など、ライフサイクル全体として環境負荷が下がってきていることを説明しました。とくに東日本大震災で津波の被害を受け、塩害で農作物が育たなくなっている地域で活用されていることを説明した時には、多くの方がうなずいておられました。さらに植物工場の実演装置を見ていただき、物流手段としてのパワーモーラーという運搬システムの効果をご覧いただきましたところ、「植物(野菜)がどのように作られ、出荷されるのか、また収穫量を増やしたり、コストを下げる工夫についてもよく分かった」との感想をいただきました。
c0199047_10575676.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、日本の3Rは、法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。また発泡スチロールの減容化ブロックが廃棄物そのものの削減と、ガソリンなど燃料消費量や二酸化炭素排出の大幅な削減につながることをお伝えしました。
c0199047_10584596.jpg

東芝テック株式会社のブースでは、実演を行い、印刷された文字が消え、しかも自動的に分別されることを確認していただきました。またフリクションペンと当コピー機に使われているインク(トナー)の違いについて説明しました。特に、温度の変化によって色が変化する特性に興味をお持ちのようでした。
c0199047_10591246.jpg

このほか、株式会社パレットハウスジャパンコニカミノルタ株式会社のブースをご案内しました。
サンジュ市庁の皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by ecoplaza | 2017-03-18 11:02 | 見学
3月14日(火)は、「海外産業人材育成協会、関西研修センター」を通じて、ベトナム、バングラデシュ、マケドニアから10名の方が見学に来られました。スマートコミュニティ(特に低炭素社会)について学ぶために日本にお越しとのことで、エコプラザでも熱心にスタッフの説明に耳を傾けておられる姿が印象的でした。
エコマークゾーンでは、エコマーク商品として認証されるのに必要な要件について説明しました。またベトナムのグリーンラベルも紹介したところ、「これまであまり注目していなかったので国に帰ったらじっくり調べてみます」と仰っていました。
c0199047_10492044.jpg

日立造船株式会社のブースでは、放電破砕装置と津波による災害を防止できるシステムについて説明しました。造船の技術が環境や安全のために活かされていることに感心されていました。
c0199047_10495478.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、パワーモーラーが一般のコンベアとどう違うかの説明をすることで、省エネルギー性が高まることを理解していただきました。次にその応用例として自動化された植物工場の実演装置を見ていただきましたが、無人化したり、水の使用量を最小限にする仕組みに感心されていました。
c0199047_10501429.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、古い木製のパレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。この事例から、「もう使えない」と思えるようなモノでも、アイデア次第で立派な商品に生まれ変わることをお分かりいただけたと思います。
c0199047_10504293.jpg

コニカミノルタ株式会社のブースでは同社の会社全体での環境負荷低減の仕組みを説明し、その具体例であるコピー機の実演を行いました。16枚を1枚(両面で)にまとめてコピーできる機能を見ていただきましたが、その印刷品質の高さに驚いておられました。
c0199047_10510135.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、循環型社会形成推進基本法と3Rについて確認し、同法の「天然資源の過剰な消費を抑え、埋立地への最終処分量を減少させる」という目的を実現させるために、リデュース、リユース、リサイクル、サーマルリカバリー、適正処理の順に優先順位が高く設定されていることを説明しました。
c0199047_10513514.jpg

東芝テック株式会社のブースでは、紙のリユースができる複合機「Loops」を使って、「印刷された文字が消える」という実演をご覧いただきました。その際、フリクションペンと当コピー機に使われているインク(トナー)の違いについて説明しましたが、温度の変化によって色が変化する(文字が消える)仕組みに感心しておられました。
c0199047_10520221.jpg

海外産業人材育成協会関西研修センターを通じてお越しになった皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by ecoplaza | 2017-03-18 10:54 | 見学
3月11日(土)シンガポールから、JET-7488(ウエストスプリング セカンダリースクール)の皆さんが見学に来られました。
温暖化パネルを見て頂きながら、地球温暖化の仕組みや、このまま対策しなければどうなるのか?をお話しました。シンガポールと日本の自然環境の違いはありますが、世界共通の課題でもある温暖化について、熱心に聞いておられました。
c0199047_15481753.jpg

エコマークゾーンでは、日本のエコマークについてと、1992年から始まったシンガポールの「グリーンラベル」も見ていただきました。シンガポールでは、約2900商品。主に洗剤などが認定されていることをご紹介しました。ブース内にシンガポールの商品も展示されていましたので、グリーンラベル製品を見て頂きました。
c0199047_15490714.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのパレットの廃材を再利用して作られた製品をご紹介しました。プラスチックのパレットが増えましたが、まだまだ木製パレットが流通しています。燃やせば簡単に処分は出来ますが、ムダに二酸化炭素を排出してしまいます。世界に二つと無い商品に生まれ変わった家具や、インテリアを見て頂きました。
c0199047_15493070.jpg

東芝テック株式会社のコピー機「LOOPS」をご紹介しました。特徴は、「定着温度が低い」「不要になった印刷物は、消色機で無色透明にし、繰り返し用紙をリユース」消費者にとっての省エネ設計をご説明し、実際にコピーするとどうなるかを見て頂きました。特殊なトナーで印刷された文字も、フリクションペンで書いた文字も消えたように白紙になった用紙に大変驚かれた様子でした。
c0199047_15512004.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、環境に配慮された商品「ミズノグリーングレード」のご紹介と、グラブとバットを製造する際に出る廃棄物の再利用について、お話しました。ゴミをゴミとして終わらせるのではなく、もう一度原料として再利用し、最終的にゴミがゼロになる「ゼロエミッション」を知って頂きました。
c0199047_15515157.jpg

JET―7488の皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-03-11 15:56 | 見学
3月8日、「ものづくり企業の省エネ化促進・省エネ関連産業参入セミナー」にご参加の皆様をご案内しました。
エコマークゾーンでは、エコマーク認定商品や認定基準を紹介し、エコマーク認定基準が、商品のライフサイクル全体を考慮して作成されていること説明しました。
また、マークの下に商品の特徴が示されていることもお伝えしました。
c0199047_10520293.jpg

伊東電機株式会社では、大阪府立大学の植物工場で実際使われている『自動搬送ロボット』を紹介し、トレーを運ぶロボットや高効率モーター『パワーモーラ』の動く様子を見ていただきました。機械化による利点や省エネにつながるしくみに興味をお持ちでした。
c0199047_10523337.jpg

コニカミノルタ株式会社では、自社で培った技術、ノウハウを自社グループの枠を超えて提供している事や、「エコビジョン2050」を掲げて環境目標、環境計画を立てられている事など紹介しました。また、『bizhub』の「8in1」機能を実演し、皆様にコピーの速さと鮮明さを確認していただきました。
c0199047_10525779.jpg

株式会社 DG TAKANOでは、洗浄力に優れた節水ノズル『バブル90』を紹介しました。電気を使わず、水圧のエネルギーだけで脈動流を作り出す仕組みに感心されていました。また、メンテナンスが不要である事や、取り付けが簡単である事もお伝えしました。
c0199047_10534020.jpg

「ものづくり企業の省エネ化促進・省エネ関連産業参入セミナー」にご参加の皆様、ありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-03-09 10:56 | 見学

大阪経済法科大学 様

3月2日(水)は、大阪経済法科大学の皆さんが、見学にいらっしゃいました。

はじめに、環境クイズをさせていただきました。日本の食糧自給率が40パーセントしかないことや、日本はフードマイレージがとても高いという事など、様々なクイズを出題しました。最後は接戦となりましたが、楽しく環境の勉強をして頂けたことと思います。
c0199047_15395416.jpg

c0199047_15402077.jpg

CSR報告書のコーナーでは、CSR報告書を見る際の3つのポイントを説明しました。
今後の就職活動の参考にしていただければなあ、と思います。
c0199047_15404899.jpg

次に、温暖化についてパネルを使って説明させていただきました。なぜ二酸化炭素が増えたか、二酸化炭素を減らすためにはどのような事をすればよいのか等を知ってもらえたことと思います。もしこのまま地球温暖化を防ぐことをしなければ、今世紀末には気温がなんと4.8℃も上がってしまうかもしれない。。。という事に大変驚いておられました。また、私たちにも二酸化炭素の排出量を減らすことができるという「エコアクション」について、ご自宅ですぐに出来ることがたくさんあることをお伝えしましたところ、二酸化炭素の排出量を減らすだけでなく、省エネも実現できるという事に関心を持っていただけました。
c0199047_15420472.jpg

コニカミノルタ株式会社のブースでは、複合機「bizhub」をご紹介しました。搭載されている機能のひとつである「8イン1」の操作を実際に見ていただきました。更に、この機械がユニバーサルデザインであることにもたいへん興味を持っていただきました。実際に給紙トレイを引き出して頂きましたところ、今使っているコピー機は、給紙トレイが重いので、これは軽くていいですね!と仰っておられました。
c0199047_15423666.jpg

大阪経済法科大学の皆さん、ありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-03-02 15:43 | 見学
2月24日は、「一般社団法人大阪国際経済振興センター」を通じて、4カ国(中国、マレーシア、ベトナム、オーストラリア)の方々が見学に来られました。皆さんの学ぶ姿勢が素晴らしく、スタッフの説明を熱心にお聞きになっていました。短時間でしたが、的を射たご質問が多く、スタッフとしても貴重で楽しい時間でした。
c0199047_13541429.jpg

エコマークゾーンでは、エコマーク商品として認証されるのに必要な要件について説明しました。エコマークはエコラベルの一種であり、「世界エコラベリングネットワーク(GEN)」に加入していることをお話ししました。そして、各国のエコラベルのデザインを見ていただきました。ベトナムはまだGENに未加入なので、別紙でご覧いただきました。次に国家間でエコラベルの相互認証が進んできていることをお伝えしました。
c0199047_13544055.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず植物工場の全体像を説明し、「なぜ必要か」「メリット」「今後の課題と対策」についてお話ししました。とくに中国の方が「土を使わない水耕栽培であること」を何度も確認されていたのが印象的でした。また、「省エネがどんどん進んできていること」「水の消費が少なくなる」など、ライフサイクル全体として環境負荷が下がってきていることを説明しました。とくに東日本大震災で津波の被害を受け、塩害で農作物が育たなくなっている地域で活用されていることを説明した時には、多くの方が深くうなずいておられました。さらに植物工場の実演装置を見ていただき、物流手段としてのパワーモーラーという運搬システムの効果をご覧いただきましたところ、「植物(野菜)がどのように作られ、出荷されるのか、また収穫量を増やしたり、コストを下げる工夫についてもよく分かった」との感想をいただきました。
c0199047_13551715.jpg

コニカミノルタ株式会社のブースでは同社の環境負荷低減の仕組みを説明し、日本経済新聞社の「環境経営度調査」で2年連続第1位を獲得したことをお伝えしました。また「リサイクル品を商品に使っているのですか」というご質問をいただいたので、同社のアップグレードリサイクル(とくにPETとPCのポリマーアロイ)についてご説明しました。さらに、コピー機の実演を行いました。8枚を1枚にまとめてコピーできる機能を両面印刷で使って、16枚が1枚の用紙に集約する様子を見ていただきましたが、その印刷品質が極めて鮮明なことに驚かれていました。
c0199047_13555236.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、日本の3Rは、法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。また発泡スチロールの減容化ブロックが廃棄物そのものの削減と、ガソリンなど燃料消費量や二酸化炭素排出の大幅な削減につながることをお伝えしました。
c0199047_13562294.jpg

一般社団法人大阪国際経済振興センターを通じてお越しになった海外からの皆様、どうもありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-02-25 13:58 | 見学
2月23日、城陽環境パートナーシップ会議の皆様が見学にいらっしゃいました。

株式会社パレットハウスジャパンでは、廃棄パレットから生まれたオリジナルなインテリアをご紹介しました。皆さん大変熱心に展示のインテリアをご覧になり、「地元のデザイン会社でみたことあります」というお客様もいらっしゃいました。
c0199047_11573601.jpg

ミズノ株式会社のブースでは、環境配慮型商品の認定基準であるミズノグリーングレードやゼロ・エミッションの取り組みなどを知っていただき、グローブを製造する際に牛革を工夫してカットされ、余らせた部分でお財布や小物入れなどを作っていることを知っていただきました。
c0199047_11580196.jpg

東芝テック株式会社のブースでは、ペーパーリユースシステムLoopsをご紹介しました。
リクションペンと同じインクを使用されたコピー機で複写されたものが消色され5回以上用紙を繰り返し使用できることや、用紙に書かれた内容などはUSBに保存できることを説明すると大変興味を持たれたご様子でした。
c0199047_11583859.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、大阪府立大学と提携して開発された植物工場をご紹介しました。植物工場のメリットデメリットを説明し、コンベア部分に使われているパワーモーラの省エネ性と世界でシェア70%占めていることを説明したところ大変興味深くご覧になっていました。
c0199047_11590538.jpg

サラヤ株式会社のブースでは、ボルネオの自然保護活動に尽力されていることを知っていただき、環境防災ゾーンでは、株式会社一条工務店の「木質耐震シェルター」や、3Rのコーナーでは「減容化ブロック」をご紹介しました。
c0199047_11594654.jpg

c0199047_12010179.jpg

城陽環境パートナーシップ会議の皆様ありがとうございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-02-25 12:03 | 見学