環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2017年 12月 05日 ( 3 )

12月3日(日)に、恒例のわくわくエコワークショップ&うきうきスタンプラリー(通称わくうき)を開催しました!寒い日にもかかわらず、たくさんの方々がエコプラザにお越しくださいました。

今回のワークショップのメニューは『クリスマスツリー作り』と『ぬりえ』でした。
『クリスマスツリー』は、エコプラザスタッフオリジナルの型を画用紙になぞって切り取ったあとに組み立てるという、とっても簡単でカワイイツリーです。
完成したツリーを見て、「おうちでツリーに飾り付けしよう!」と盛り上がっていたり、「自分専用のツリーが出来たよ!」という声が上がっているのがとても印象的でした。
c0199047_12033797.jpg

c0199047_12035542.jpg

c0199047_12041119.jpg

クイズスタンプラリーは、館内の3箇所にクイズを設けています。
各クイズの問題は全て3択で、問題の近くにヒントがあります。全問正解すると、ステキな景品がもらえるという毎回大好評のスタンプラリー!!!環境のことがクイズ形式で覚えられますよ。今回、ポイント1のエコマークゾーンからは『株式会社伊藤園』、ポイント2は『3Rコーナー』、ポイント3は『ミズノ株式会社』から出題されました。クイズの内容は毎回スタッフが考えています。とっても分かりやすいヒントもあるので、大人の方からお子様まで楽しく参加していただけます!
c0199047_12052657.jpg

c0199047_12054464.jpg

c0199047_12060433.jpg

ゴールでプレゼントされる景品は、人気のモノがすぐになくなってしまうので、早めのご来場がオススメです。
c0199047_12075809.jpg

毎度おなじみの「ぬりえコーナー」も盛況でした!
ぬりえの絵柄は不定期に変わるので、是非ともチェックしてみてくださいね。
ワークショップはこれからもどんどん新しい出し物が登場しますのでお楽しみに♪
次回は12月17日(日) 13:30~15:30に開催します。
たくさんのご来場、お待ちしております☆

[PR]
by ecoplaza | 2017-12-05 12:09 | イベント

韓国公州市 様

12月1日(金)、公州市の皆様が見学にいらっしゃいました。
c0199047_11594689.jpg

エコマークゾーンでは日本と韓国の環境ラベルについての説明をさせて頂きました。玩具として日本で初めてエコマーク商品として認証されたプラレールや、資源リサイクルセンター株式会社松田商店のペットボトルから出来たエコマグカップを紹介し、リサイクル商品の大切さをお話ししました。マグカップやプランターを通して、リサイクルをする際は長く使ってもらえるような性能・デザインが必要な事もお話しました。
c0199047_11482952.jpg

伊東電機株式会社のブースでは大阪府立大学と共同開発された植物工場を見ていただき物流業界で注目の高効率モーター「パワーモーラ」についてもご説明いたしました。機械化が進んでいることに驚かれ、省エネにつながる事に大変興味を持たれていました。
c0199047_11551538.jpg

3Rのコーナーでは発泡スチロールの減容化ブロックが運送時のエネルギーを減らす為の特殊なリサイクル方法の過程で出来るブロックであることをお伝えし、普段触ることのできないブロックを皆さん何度も触って確認しておられました。
c0199047_11553988.jpg

公州市の皆様どうもありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-12-05 12:01 | 見学
11月30日(木)は、浮孔西校区人権教育推進協議会の方々が見学にいらっしゃいました。皆さんとても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。
循環型社会形成推進ゾーンでは、日本は法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。次に発泡スチロールの減容化ブロックが廃棄物そのものの削減と、運搬時のガソリンなど燃料消費量や二酸化炭素排出の大幅な削減につながることをお伝えしました。
さらにウイスキーの樽がリサイクルされてできた電話台をご覧いただきました。樽には高級木を使用しているので、廃棄物にせずに新たな用途で活用することや、曲がった樽をまっすぐにして電話台として使えるようにする方法をお話ししました。
c0199047_11352898.jpg

資源リサイクルセンター株式会社松田商店のブースでは、ペットボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。マグカップやプランターを通して、リサイクルをする際は長く使ってもらえるような性能・デザインが必要であることをお伝えしました。
c0199047_11360158.jpg

株式会社伊藤園のブースでは、従来は廃棄部だった茶殻を様々な素材と混ぜ合わせて作られている商品群を見ていただきました。茶殻の成分であるカテキンなどの抗菌や消臭効果を効果的に使った商品がたくさんあることに驚かれていました。
c0199047_11361984.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず植物工場の必要性と概要を解説しました。次に最近の省エネ・省力化の進展状況をお話しました。最後に同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、その応用例として、自動化された無人植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。
c0199047_11363689.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、古い木製のパレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。この事例から、廃棄物もアイデア次第で立派な商品に生まれ変わることをお分かりいただけたと思います。
c0199047_11372232.jpg

環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社のブースで手動式の造水装置の説明をしました。電気もガソリンも使えないときには、自転車の空気入れを使う方法があることに感心される方が多いようでした。
c0199047_11374973.jpg

その他、株式会社エクセルシャノンの樹脂製窓、東芝テック株式会社の印刷した文字を消せるコピー機、株式会社一条工務店の木質耐震シェルター、株式会社アイザックのブースの緊急地震速報サービス「ゆれぽ~と」などをご覧いただきました。
c0199047_11383213.jpg

浮孔西校区人権教育推進協議会の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
by ecoplaza | 2017-12-05 11:42 | 見学