環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017年 08月 02日 ( 1 )

公明党豊中第一支部

7月30日(日)は、公明党豊中第一支部の方々が見学にいらっしゃいました。皆さんとても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。

エコマークゾーンでは、マークの意味を説明し、エコマーク商品として認証されるには、「商品のライフサイクル全体でチェックされる」ことが求められることについてもお伝えしました。

具体例として、PETボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。マグカップやプランターを通して、リサイクルをする際は長く使ってもらえるような性能・デザインが不可欠になりつつあることをお伝えしました。


c0199047_12204927.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず植物工場の必要性と概要を解説しました。次に最近の省エネ・省力化の進展状況をお話しました。最後に同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、その応用例として、自動化された無人植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。


c0199047_12233126.jpg

木村アルミ箔株式会社のブースでは、食べられる器を見ていただきました。その器が、海苔やカツオ節などでできていて食べられるので、ごみが残らないことに感心しておられました。


c0199047_12243519.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、循環型社会形成推進基本法と3Rについて確認した後、同法の「天然資源の過剰な消費を抑え、埋立地への最終処分量を減少させる」という目的を実現させるために、リデュース、リユース、リサイクル、サーマルリカバリー、適正処理の順に優先順位が高く設定されていることを説明しました。


c0199047_12254432.jpg

一般社団法人JBRCのブースでは、なぜ小型充電式電池を回収・リサイクルする必要があるかを説明すると共に、分別回収の大切さを再確認していただきました。また小型家電リサイクル法との関連についても説明し、回収のご協力をお願いしました。

環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社のブースで手動式の造水装置の説明をしました。電気もガソリンも使えないときには、自転車の空気入れを使う方法があることに感心される方が多いようでした。また子どもたちも楽しみながら共助の精神を発揮できることに、共感されていました。


c0199047_12265305.jpg


その他、東芝テック株式会社のブースでのコピー機(複合機)の実演、株式会社一条工務店の木質耐震シェルター、株式会社アイザックブースの緊急地震速報サービス「ゆれぽ~と」などを見ていただきました。


c0199047_12270230.jpg

c0199047_12271239.jpg


また株式会社パレットハウスジャパンミズノ株式会社のブースでは、廃棄物になるはずの物が工夫次第で商品になることを感していただきました。


c0199047_12284500.jpg

公明党豊中第一支部の皆様、どうもありがとうございました。





[PR]
by ecoplaza | 2017-08-02 11:13 | 見学