環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza

2012年 07月 12日 ( 2 )

今日は、関西大学第一中学校2年生のみなさんが見学に来られました。

いつも見学日までに「事前レポート」を送っていただいてます。どうもありがとうございます。
どのページもびっしりとレポートが記入されていて、環境に対する姿勢や関心の高さが
うかがえます。
c0199047_1235475.jpg

学習設問シートを手に、スタッフの説明をしっかりと聞いていらっしゃいました。
c0199047_1344258.jpg
c0199047_1345557.jpg
c0199047_135882.jpg
和気あいあいと、楽しそうですよね。
c0199047_1352285.jpg

サラヤ株式会社のブースで「ヤシノミ洗剤」の説明をした際に、熱帯雨林がなくなってしまうのでは?というご質問を受けました。売上の一部を、野生動物の救出活動や植林活動等の環境保全活動に使われていることを説明しました。

常にいろんなことに「なぜ?」と疑問を持つことは、とても大事なことだと思います。
疑問を持ち、いろいろと考えていくと、また違った角度から物事が見えてくることもあります。
そう言えばパスカルの「人間は考える葦である」。とてもいい言葉ですね。(^^)

関西大学第一中学校2年生のみなさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by ecoplaza | 2012-07-12 16:11 | 見学
エコプラザ開催セミナーのお知らせです。

第46回 水・土壌汚染研究部会セミナー
「放射性物質汚染土の処理と災害廃棄物(がれき)の受け入れについて」

昨年の大震災による津波等で発生した災害廃棄物(がれき)の処理を早急に実施する必要があり、国は広域処理を全国の自治体に求めています。大阪市も受け入れを表明しています。当研究部会としても、震災から復興するためには、災害廃棄物の処理を適切に管理して推進していかなければならないと考えております。
そこで、今回のセミナーでは、土木工学・地盤工学・原子力環境工学に詳しい茨城大学の小峯秀雄教授をお呼びして、「放射性汚染物質汚染土の中間貯蔵施設設計におけるいくつかの技術的課題」と題して、基調講演をしていただきます。さらに、当研究部会の会員等により、災害廃棄物(がれき)の処理に関する国立環境研究所や大阪市の発表資料に関して、解説させていただき、意見交換を行います。

【日時】2012年7月20日(金) 13:00~15:30
【会場】おおさかATCグリーンエコプラザ内 ビオトープ・プラザ
【受講料】1,000円
【お申込】おおさかATCグリーンエコプラザビジネス交流会 TEL:06-6615-5887

くわしくはこちらをご覧ください。(※別ウィンドウでPDFファイルが開きます)

みなさまのご参加をお待ちしております。
[PR]
by ecoplaza | 2012-07-12 11:30 | セミナー