環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

一般財団法人海外産業人材育成協会「マレーシア環境経営研修センター」 様

11月17日(金)一般財団法人海外産業人材育成協会「マレーシア環境経営研修センター」の皆さんが見学に来られました。
3Rのコーナーでは、発泡スチロールの減容化ブロックをご紹介しました。エネルギーの少ない日本は、リサイクルにかかるエネルギーを、出来るだけ最小限に抑えたいところですが、輸送にかかるエネルギーを考え、比較的小さい熱で溶かす、有効なエネルギーの使い方をしていることを、知って頂きました。
c0199047_11442988.jpg

コニカミノルタ株式会社のコピー機が、ポリマーブレンドによってアップグレードリサイクルされたものが使用されていることや、コピー用紙をリデュースするための機能がある事を、ご紹介しました。ペットボトルのリサイクルは「ダウンリサイクル」「水平リサイクル」がが多く、コピー機に使われるなど、考えられなかったのですが、[PC]の混合率の研究開発によって、耐熱性と、成形のし易い素材のアップグレードリサイクル開発に成功し、コピー機に活かされていることを、ご説明しました。「エコビジョン2050」の取り組みを説明した際に「環境に力を入れると、利益が損なわれるのに、なぜ、研究開発するのか?」と、質問が出ました。環境と、本業での利益は、両立させなければならない。という経営方針に、感心されていました。
c0199047_11445289.jpg

エコマークのコーナーでは、エコマーク商品である資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップが2リットルのペットボトル2.5本で出来ていることや、昭和電工株式会社のアンモニアの製造工程にエコマークが付けられていることを、ご紹介しました。
c0199047_11453040.jpg

「住まい」のコーナでは、エンデバーハウス株式会社のペットボトルのリサイクルで出来ている断熱材をご紹介しました。素材の安全性だけでなく、燃えにくく、ヘタらない理由が、接着剤を使わず、低融点ポリエステル繊維を開発し、熱による接着を施しているからだという特徴を、お話しました。続いて、樹脂を使った株式会社エクセルシャノンの窓枠をご紹介しました。複層ガラスの重さに耐えるためには、ガラスを支える窓枠のリブの部分が重要になりますが、重みを分散させる工夫がされたリブの複雑な断面を見て頂きながら、ご説明しました。
c0199047_11460344.jpg

株式会社日進関西の「ガイナ」をご紹介しました。ロケットの先端部分にも使われている技術で、遮熱、断熱効果を上げる為に、特殊セラミックビーズを使用。「ガイナ」は、シリコンと大量のセラミックビーズを混ぜる技術開発に成功しています。セラミックだけでも、シリコンだけでも断熱性が有るのですが、混ぜ合わせることで、より一層の断熱効果が得られる商品として、ご紹介しました。
c0199047_11462974.jpg

今回は、プラスチック関連業界企業の経営者、管理者研修ということで、プラスチックの関連商品と、リサイクルを中心にお話しさせていただきました。海外産業人材育成協会の皆様、ご来館有り難うございました。


[PR]
by ecoplaza | 2017-11-21 11:49 | 見学