環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

立命館大学経営学部 様

今日は立命館大学から15名の方々が見学に来られ、スタッフの説明に真剣に耳を傾けておられました。また的を射たご質問もたくさんいただき、みなさんの熱心さが伝わってきました。

環境防災ゾーンでは、最初に環境問題と防災との関係についてお話した後、各ブースの説明に入りました。
株式会社ネスト・ジャパンのブースでは、水に浸かると自動的に水に浮くライフジャケットになるリュックサックをご紹介しました。仕組みを解説したところ、とても興味を持っていただきました。
c0199047_15404756.jpg

第一コンテク株式会社のブースでは、電気を使わず人力で浄水できる浄水器についてご紹介しました。自転車の空気入れを応用していることに感心された方が多かったようです。
c0199047_15405716.jpg

株式会社一条工務店のブースでは、木質耐震シェルターをご紹介しました。旧建築基準で建てられた家屋内に設置することで、倒壊から命を守ることができます。これが25万円で購入でき自治体によっては補助金がつくとお伝えすると、とても感心しておられました。
c0199047_15412482.jpg

株式会社ヴェックのブースでは、持ち運べる蓄電池について説明しました。「防水性、耐衝撃性に優れていること」「1年間使わなくても充電せずにすぐに機能すること」「太陽電池によっても充電できること」などを説明しました。また蓄電池が水に浮く意義について「人命を守る」という観点から解説しました。
c0199047_15413997.jpg

LLPユニバーサルデザイン企画のエリアでは、株式会社輝章の「助けを求めている人と支援者とを容易に見分けることのできるバンダナ」と「災害対策用トイレ」について説明しました。環境防災ゾーンを通して災害を自分ごととして捉えていただけたのではないかと思います。
c0199047_1542328.jpg

CSR報告書ゾーンでは、報告書を読む際の留意点や会社案内との違いについて説明しました。

エコマークゾーンでは、マークの意味と役割について説明しました。またエコマークとして認証されるには、ライフサイクル全体が環境にやさしくなければならないことを理解していただきました。

グリーンプラコーナーでは、トウモロコシから生分解性プラスチックができる仕組みについて説明しました。このプラスチックをリサイクルすることで、単なるカーボンニュートラルではなく、大気中に蓄積されている二酸化炭素も削減できる可能性があることを説明しました。

徳寿工業株式会社(植物工場)のブースでは、「なぜ必要か」「メリット」「今後の課題と対策」について解説しました。電気を使っていることについては、省エネがどんどん進んできていることや水の消費が少なくなるなど、ライフサイクル全体として環境負荷が下がってきていることを説明しました。
c0199047_15432023.jpg

特に東日本大震災で津波の被害を受け、塩害で農作物が育たなくなっている地域で活用されていることを説明した時は、多くの方が深くうなずいておられました。

また伊東電機株式会社のブースで、野菜工場で作られた野菜の自動搬送システムについて説明しました。実際に機械が動く様子もご覧いただきました。
c0199047_15433162.jpg

コニカミノルタ株式会社のブースでは同社の環境負荷低減の仕組みを説明し、その具体例であるコピー機で8枚を1枚にまとめてコピーできる機能をご紹介しました。裏表印刷機能を併用することで16枚分を1枚の紙にまとめる実演をし、優れたリデュース効果を実感していただきました。

循環型社会形成推進ゾーンでは、同基本法について解説しました。同法では、リデュース、リユース、リサイクル、サーマルリカバリー、適正処理の順に優先順位が高く設定されていて、その目的が天然資源の過剰な消費の抑制であることを説明しました。

ミズノ株式会社のブースでは、グラブを作る際に出てくる牛革の端切れを有効に使って財布や小物を作り、さらにその残りを肥料や燃料にするなど材料を無駄にしない仕組みについて解説しました。
c0199047_15451760.jpg

またミズノ・グリーングレードという独自の環境配慮製品の認証制度について説明しました。さらに超臨界二酸化炭素による染色技術(ドライ・ダイ)で作られたTシャツも見ていただきました。水を使わない染色技術であることをお伝えしたところ、感心されておられました。

サラヤ株式会社のブースでは、ヤシノミ洗剤の高い生分解性と、同社のボルネオの生態系を保全する取組みについて解説しました。
c0199047_15453159.jpg

一般社団法人JBRCのブースでは、なぜ小型充電式電池を回収する必要があるかを説明すると共に、分別の重要性を理解していただきました。

一通りブース見学を終えた後もリクエストをいただき、株式会社日本政策投資銀行凸版印刷株式会社のブースをご案内しました。また解散後も館内を見学されている方がいらっしゃったので、株式会社エクセルシャン東芝テック株式会社のブースをご案内しました。

このように、みなさんの驚くほど熱心な姿勢のお陰で、スタッフとしてもとても充実した時間を過ごさせていただきました。立命館大学のみなさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by ecoplaza | 2015-09-09 16:59 | 見学