環境をテーマとした常設展示場です。セミナー・イベント情報のお知らせや、見学風景の様子などをご紹介していきます。たまにスタッフのつぶやきも?よろしくお願いします!


by ecoplaza
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
12月8日(金)大阪市立新巽中学校 2年生の皆さんがいらっしゃいました。
「手回し発電機」を使って、「白熱電球」「蛍光灯」「LED電球」の3種類の電球が、どれだけエネルギーを使うのか?を体感していただきました。皆さんも既にLED電球が省エネだとご存じでしたが、白熱電球の8分の1のエネルギーしか使わないという事に驚かれていました。また、寿命も大変長いということから、電球の交換も減り、それだけゴミが減るという事をご説明しました。
c0199047_13302299.jpg

温暖化のパネルを見ていただきながら、200年前の地球の様子と、温暖化によって、熱がこもった状態になっている現在を比較し、二酸化炭素が原因になっていることをご説明しました。生活する上で、電気は欠かせないものですが、快適さを求める生活が、益々環境を壊しているということと、「海岸線の消失」「水不足」「食糧難」などに繋がる温暖化の怖さをお話ししました。
c0199047_13305086.jpg

エコマークのゾーンでは、日本のエコマークの解説と、環境先進国ドイツに次ぐ、世界で2番目に制度をスタートさせたことを知っていただきました。エコマーク取得には大変厳しい審査がある事や、現在、約5700商品に付けられている中から、2リットルのペットボトル2.5本でリサイクルされた、資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップをご紹介しました。リサイクルにかけたエネルギーを無駄にしないためにも、長く使って貰いたいという思いを込めてデザイン性、耐久性のある商品を作られているというお話をしました。
c0199047_13312615.jpg

ミズノ株式会社の環境への取り組みをご紹介しました。環境に配慮された商品企画から、製造過程で出る廃棄物を、原料として再利用するというゼロエミッションについての説明をしました。グラブの残り革から、小物を作り、最終的には果樹園の肥料にすることにより、廃棄物が無駄なく活用されているという事に、興味をもっていただいたようです。
c0199047_13314678.jpg

サラヤ株式会社のコーナーでは、ヤシノミ洗剤が植物性の油を使っていることで、環境に配慮された商品である事をご紹介しました。ボルネオのヤシの森は伐採され動物達が行き場を失って、そこで森林保護を目的とした寄付と社員の方たちが現地で行っている活動の様子をご紹介しました。
c0199047_13360908.jpg

大阪市立新巽中学校の皆さん、有り難うございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2017-12-08 13:41 | 見学
12月6日リサイクルクラブ天理の皆さんが見学に来られました。
温暖化コーナーでは、地球温暖化のしくみ、原因、そしてこのまま何も対策をせず、そのままにしておくとどういったことがおこるのか。ということをパネルにそってお話しました。皆さんご自身にも関わってくることだということを実感されたようで、とても熱心に聞いてくださいました。
c0199047_16010905.jpg

エコマークゾーンでは、エコマークについて世界で2番目に作られた環境ラベルであることや、環境のことを考えて作られ、いくつもの厳しい基準にクリアしたものだけがエコマークをつけることができる等お話しました。そしていくつかのエコマーク認定商品を実際に手に取って見ていただきました。その中でも資源リサイクルセンター株式会社松田商店のエコマグカップに興味を持たれていました。リサイクルする際にもエネルギーはかかっているので、長く大切に使ってほしいという思いでデザインや使い心地を工夫されているとお話しました。
c0199047_16022982.jpg

循環型社会形成推進ゾーンでは、3つのR「リデュース・リユース・リサイクル」について、いくつかの例と、大切なのは優先順位があることですとお話しました。そして皆さんにもできそうなことがあると思うので、できれば実践してみてください。とお声がけしました。皆さん頷いて聞いてくださいました。特殊なリサイクルの例として「発泡スチロールの減容化ブロック」を紹介したところ、想像していたものとは全然違う発泡スチロールからできているので驚かれていました。
c0199047_16040208.jpg

ミズノ株式会社では「ミズノグリーングレード」について商品を紹介しました。他にもゼロエミッションについてのお話をしました。皆さんよく知っている企業ということで、とても興味を持たれていました。
c0199047_16044926.jpg

他にもサラヤ株式会社 や小型充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRCについて、それぞれ環境に関してどういった活動をしているかについてお話しました。
c0199047_16053112.jpg

環境防災ゾーンでは、災害が起こる前にできる準備ということで、いくつか紹介しました。お手伝いバンダナ&医療バンダナを見ていただいたり、第一コンテク株式会社の「ENO」を紹介しました。誰しもがこの先、災害に遭う確率が高いということで皆さんとても興味を持たれていました。
c0199047_16070741.jpg

最後に皆さんが一番興味を持たれた木村アルミ箔株式会社 の「食べれるうつわ」をご紹介しました。
皆さん普段のお料理に使いたいと仰っていて、いろんなアイデアがどんどん浮かんだようでした。
c0199047_16071372.jpg

リサイクルクラブ天理の皆さんありがとうございました。
[PR]
# by ecoplaza | 2017-12-06 16:34 | 見学
12月3日(日)に、恒例のわくわくエコワークショップ&うきうきスタンプラリー(通称わくうき)を開催しました!寒い日にもかかわらず、たくさんの方々がエコプラザにお越しくださいました。

今回のワークショップのメニューは『クリスマスツリー作り』と『ぬりえ』でした。
『クリスマスツリー』は、エコプラザスタッフオリジナルの型を画用紙になぞって切り取ったあとに組み立てるという、とっても簡単でカワイイツリーです。
完成したツリーを見て、「おうちでツリーに飾り付けしよう!」と盛り上がっていたり、「自分専用のツリーが出来たよ!」という声が上がっているのがとても印象的でした。
c0199047_12033797.jpg

c0199047_12035542.jpg

c0199047_12041119.jpg

クイズスタンプラリーは、館内の3箇所にクイズを設けています。
各クイズの問題は全て3択で、問題の近くにヒントがあります。全問正解すると、ステキな景品がもらえるという毎回大好評のスタンプラリー!!!環境のことがクイズ形式で覚えられますよ。今回、ポイント1のエコマークゾーンからは『株式会社伊藤園』、ポイント2は『3Rコーナー』、ポイント3は『ミズノ株式会社』から出題されました。クイズの内容は毎回スタッフが考えています。とっても分かりやすいヒントもあるので、大人の方からお子様まで楽しく参加していただけます!
c0199047_12052657.jpg

c0199047_12054464.jpg

c0199047_12060433.jpg

ゴールでプレゼントされる景品は、人気のモノがすぐになくなってしまうので、早めのご来場がオススメです。
c0199047_12075809.jpg

毎度おなじみの「ぬりえコーナー」も盛況でした!
ぬりえの絵柄は不定期に変わるので、是非ともチェックしてみてくださいね。
ワークショップはこれからもどんどん新しい出し物が登場しますのでお楽しみに♪
次回は12月17日(日) 13:30~15:30に開催します。
たくさんのご来場、お待ちしております☆

[PR]
# by ecoplaza | 2017-12-05 12:09 | イベント

韓国公州市 様

12月1日(金)、公州市の皆様が見学にいらっしゃいました。
c0199047_11594689.jpg

エコマークゾーンでは日本と韓国の環境ラベルについての説明をさせて頂きました。玩具として日本で初めてエコマーク商品として認証されたプラレールや、資源リサイクルセンター株式会社松田商店のペットボトルから出来たエコマグカップを紹介し、リサイクル商品の大切さをお話ししました。マグカップやプランターを通して、リサイクルをする際は長く使ってもらえるような性能・デザインが必要な事もお話しました。
c0199047_11482952.jpg

伊東電機株式会社のブースでは大阪府立大学と共同開発された植物工場を見ていただき物流業界で注目の高効率モーター「パワーモーラ」についてもご説明いたしました。機械化が進んでいることに驚かれ、省エネにつながる事に大変興味を持たれていました。
c0199047_11551538.jpg

3Rのコーナーでは発泡スチロールの減容化ブロックが運送時のエネルギーを減らす為の特殊なリサイクル方法の過程で出来るブロックであることをお伝えし、普段触ることのできないブロックを皆さん何度も触って確認しておられました。
c0199047_11553988.jpg

公州市の皆様どうもありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2017-12-05 12:01 | 見学
11月30日(木)は、浮孔西校区人権教育推進協議会の方々が見学にいらっしゃいました。皆さんとても熱心にスタッフの説明に耳を傾けてくださいました。
循環型社会形成推進ゾーンでは、日本は法律で「リデュース、リユース、リサイクルの順に優先順位が高く設定されている」ことを説明しました。次に発泡スチロールの減容化ブロックが廃棄物そのものの削減と、運搬時のガソリンなど燃料消費量や二酸化炭素排出の大幅な削減につながることをお伝えしました。
さらにウイスキーの樽がリサイクルされてできた電話台をご覧いただきました。樽には高級木を使用しているので、廃棄物にせずに新たな用途で活用することや、曲がった樽をまっすぐにして電話台として使えるようにする方法をお話ししました。
c0199047_11352898.jpg

資源リサイクルセンター株式会社松田商店のブースでは、ペットボトルをリサイクルした商品をご覧いただきました。マグカップやプランターを通して、リサイクルをする際は長く使ってもらえるような性能・デザインが必要であることをお伝えしました。
c0199047_11360158.jpg

株式会社伊藤園のブースでは、従来は廃棄部だった茶殻を様々な素材と混ぜ合わせて作られている商品群を見ていただきました。茶殻の成分であるカテキンなどの抗菌や消臭効果を効果的に使った商品がたくさんあることに驚かれていました。
c0199047_11361984.jpg

伊東電機株式会社のブースでは、まず植物工場の必要性と概要を解説しました。次に最近の省エネ・省力化の進展状況をお話しました。最後に同社の主力製品であるパワーモーラーについて説明し、その応用例として、自動化された無人植物工場の入庫から出庫までの様子をご覧いただきました。
c0199047_11363689.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは、古い木製のパレットが家具に生まれ変わるプロセスを説明しました。この事例から、廃棄物もアイデア次第で立派な商品に生まれ変わることをお分かりいただけたと思います。
c0199047_11372232.jpg

環境防災ゾーンでは、第一コンテク株式会社のブースで手動式の造水装置の説明をしました。電気もガソリンも使えないときには、自転車の空気入れを使う方法があることに感心される方が多いようでした。
c0199047_11374973.jpg

その他、株式会社エクセルシャノンの樹脂製窓、東芝テック株式会社の印刷した文字を消せるコピー機、株式会社一条工務店の木質耐震シェルター、株式会社アイザックのブースの緊急地震速報サービス「ゆれぽ~と」などをご覧いただきました。
c0199047_11383213.jpg

浮孔西校区人権教育推進協議会の皆様、どうもありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2017-12-05 11:42 | 見学

仙台城南高等学校 様

11月28日(火)、仙台城南高等学校 2年生の皆さんが見学にいらっしゃいました。 
c0199047_16170760.jpg

エコマークのゾーンでは、1989年にスタートした日本のエコマーク制度の紹介と、エコマーク取得する為の審査の厳しさをお話ししました。最近では、商品だけでなく、サービスや、製造過程にも付けられていることを知っていただきました、
c0199047_16182477.jpg

「3R」コーナーでは、3Rの優先順位が法律で決まっていること。ゴミと思って捨てている部分にも、私たちはお金を払っているという事実と、昔ながらの「もったいない」という言葉を生活の中で意識してほしいというお話をしました。
c0199047_16184600.jpg

保水・透水性レンガでは2つのレンガに水をかけてもらい、水の浸透の違いを見てもらいまいた。それぞれの特徴をいくつかお話させてもらいました。
c0199047_16224177.jpg

ミズノ株式会社の環境への取り組み「ミズノグリーングレード」をご紹介しました。環境に配慮された商品の開発だけでなく、製造過程で出る廃棄物の有効利用法には、大変興味を持たれたようで、特に野球のグラブに使われた牛革の最終処分として、果樹園の肥料として使われ、「廃棄物ゼロ」にしていることに、大変驚かれていました。
c0199047_16190778.jpg

サラヤ株式会社のコーナーでは、ヤシノミ洗剤が植物性の油を使っていることで、環境に配慮された商品である事を、ご紹介しました。世界的に一番使われている「パーム油」ですが、ボルネオのヤシの森は、伐採され動物が行き場を失っていました。そこで森林保護を目的とした寄付と、社員の方たちが現地で行っている活動の様子を、ご紹介しました。
c0199047_16192237.jpg

仙台城南高等学校の皆さん、ご来館ありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2017-11-28 16:24 | 見学
11月28日(火)、大阪府立西野田工科高等学校工業デザイン系二年生の皆様が見学に来られました。
c0199047_14172728.jpg

まず最初に素敵なインテリアとしてデザインされた空き箱の装飾品や間伐材などを使った『木ころ』の可愛い作品を見て頂きました。デザイン系の生徒さんという事でいろいろなアイデアも出してくださいました。既に工夫してインテリアとして空き箱を使われている方もおられました。
温暖化のコーナーでは原因やしくみ、温暖化によっておきている問題について説明させて頂き、みんなのエコアクションでは温暖化を防止するためにできる事を皆さんと一緒に考えました。
c0199047_14181661.jpg

エコマークゾーンでは資源リサイクルセンター株式会社松田商店のペットボトルから出来たエコマグカップやインテリアにも最適なおしゃれなデザインのダストボックスを見て頂きリサイクル商品を長く愛用してもらう為にデザインも工夫されている事を知って頂きました。
c0199047_14203323.jpg

株式会社パレットハウスジャパンのブースでは廃パレットを素敵な家具や建具として使うことで産廃費用を削減できることや二酸化炭素の発生を抑えることができることなどをお伝えしました。個性的なデザインの商品を興味深くご覧になっていました。
c0199047_14205205.jpg

環境防災ゾーンでは第一コンテク株式会社のENO、株式会社一条工務店の木質耐震シェルター、株式会社輝章のお手伝いバンダナなどを見ていただきました。
c0199047_14214403.jpg

3Rのコーナーでは、特殊なリサイクルの発泡スチロールの減容化ブロックを見て頂きました。皆さんブロックが発泡スチロールから出来ている事に驚かれていました。
c0199047_14220193.jpg

東芝テック株式会社のブースでは用紙の使用量削減によるコスト削減や用紙のリユースを繰り返す事で環境負荷を低減できるコピー機をご紹介しました。とても興味深く見ておられ優れた機能に感心されていました。
c0199047_14230823.jpg

ミズノ株式会社のブースではグローブや木製のバットを作るときの端材を捨てずにお財布やキーホルダーなどが作られていることなど環境に配慮したゼロエミッションを実施されている事をお話しました。
c0199047_14233377.jpg

こちらの質問にも元気よく答えていただき説明も熱心に聞いてくださいました。
大阪府立西野田工科高等学校デザイン系二年生の皆様ありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2017-11-28 14:26
11月23日、『中国広西チワン族自治区研修団』の皆様が見学に来られました。環境への関心がとても高い皆様でした。
エコマークゾーンでは、日本の代表的な環境ラベルとしてエコマークについて説明しました。厳しい基準に合格されたものに付けられている事もお伝えし、いくつかのエコマーク商品を紹介しました。また、世界の環境ラベルのコーナーでは、中国の環境マークも確認していただきました。
c0199047_10410393.jpg

コニカミノルタ株式会社では、環境目標や環境計画がしっかり持たれている事や、自社グループの枠を越えて環境技術を提供している事をお伝えしました。また、『bizhub』の「8in1」機能の実演を見ていただくと、素早く8枚の用紙が1枚にまとまる事と、鮮明さに感心されていました。
c0199047_10413712.jpg

すまいの省エネコーナーでは、断熱性能の高い窓について説明しました。株式会社エクセルシャノンでは、展示物の実験コーナーによって、一枚ガラスと二枚、三枚ガラスの断熱性能の差を確認していただきました。
c0199047_10420051.jpg

3Rコーナーでは、発泡スチロールの減容化ブロックについて説明しました。減容化することによって運送時のエネルギーを減らす事が出来ることをお伝えしました。
c0199047_10421504.jpg

東芝テック株式会社では、ペーパーリユースシステム『Loops』の実演を見ていただきました。熱によって文字を消し、用紙を繰り返し使うという発想に大変驚かれていました。また、消す前にデーターを残すことができる点も気に入られていらっしゃいました。
c0199047_10423550.jpg

中国広西チワン族自治区研修団の皆様、ありがとうございました。


[PR]
# by ecoplaza | 2017-11-24 10:49 | 見学
11月19日、恒例の『わくわくワークショップ&うきうきクイズスタンプラリー』が開催され、たくさんの方々に参加して頂きました。
c0199047_12073746.jpg

今回のワークショップのメニューは、『三角ペン立て』と『ぬりえ』です。
『三角ペン立て』は、一本分の牛乳パックを切って、好きな絵を描いて、最後に組み立てたら出来上がりです!素敵なペン立てを、机の上で使っていただきたいですね。
c0199047_12052442.jpg

c0199047_12054766.jpg

c0199047_12061528.jpg

また、赤チームと青チームに分かれて、チーム対抗「コロコロゲーム&けん玉リレー&ボール色合わせゲーム大会」を行いました。それぞれのゲームの合計点で勝敗を決めます。
コロコロゲーム&けん玉リレーまでは、青チームがリード、ボール色合わせゲームで赤チームが追いつきましたが、最後、青チームが引き離し・・・、結果、青チームの勝利で終わりました。途中、何度も歓声が上がり、ゲーム大会は大変盛り上がりました。
c0199047_12065236.jpg

クイズスタンプラリーでは、家族や友だちと相談しながら3か所の問題を答えていただきました。
c0199047_12083832.jpg

c0199047_12085176.jpg

c0199047_12085761.jpg

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
次回は12月3日(日)13:30~15:30です。楽しみにしていてくださいね。
[PR]
# by ecoplaza | 2017-11-21 12:11 | イベント

LENSTROJREMONT 様

11月18日(土)ロシアからLENSTROJREMONTの皆様が、いらっしゃいました。
エコマークのコーナーでは、日本のエコマークが第三者による厳しい審査によって、認証される制度であることを知って頂き、世界のエコラベルのパネルの中で、ロシアの「バイタリティリーフ」も見て頂きました。最近、サービスや、製造工程にも付けられるようになったことを、ご説明しました。展示されている商品が、環境に対し、どのように優しいのか?といった質問が沢山ありました。
c0199047_11540220.jpg

大栄環境株式会社をご案内しました。廃棄物の収集運搬から、最終処分までを、一環して行うシステムについてと、ゴミの埋め立て地の有効利用によって、近隣住民に、憩いの場所を提供するなど、自然との共生をテーマに経営されている企業として、ご紹介しました。
c0199047_11542360.jpg

株式会社コムウエル・フジサワの特殊なネジを、ご紹介しました。東京スカイツリーの電波塔にも使われている、緩まないことが絶対条件である場所に最適な「スーパースリットナット」作業効率を上げる為に開発された「サンクイックナット」を、ご紹介しました。瞬時に締まるネジに、「マジックみたいですね」と、何度も体感されていました。
c0199047_11544035.jpg

阪神高速道路株式会社のコーナーでは、「シールドトンネル工法」が、3R活動として評価されたことを、お話ししました。セグメント部分を小さくすることで、廃棄物の抑制、排出削減になり、副産物の利用にも取り組んでいることを、ご紹介しました。
c0199047_11545952.jpg

天王寺動物園のゾウの糞を堆肥にしていることに、興味を持たれ、家庭菜園などに使われているという説明に驚かれていました。
c0199047_11553817.jpg

環境について、大変関心を持っておられ、熱心にメモを取りながら、ご案内の後も、館内をフリー見学されていました。
LENSTROJREMONTの皆さん、ありがとうございました。

[PR]
# by ecoplaza | 2017-11-21 11:59 | 見学